ƒlƒbƒgƒ[ƒNƒGƒ“ƒWƒjƒA‚Æ‚µ‚Ä ルーティングテーブル検索:Src と Dst のゾーン/インタフェースを確定 2. ACL処理 : セキュリティポリシーによりアクセス制御を実施 (ポリシーに書くアドレスは NAT 処理前のもの, ゾーンは NAT 処理後のもの) パケット処理フローの概要図を以下に示し … FortiGate においてソフトウェアスイッチを使用してタグ VLAN を実現する方法を検証したためその内容を記載します。作業環境型番:FortiGate 60Eバージョン:v6.0.9FortiGate でのタグ VLAN 実現方法につ 双方向natとはnatでは宛先アドレスや送信元アドレス等の変換が行えますが、宛先アドレスと送信元アドレスの両方を変換してしまう方法を双方向natと呼んでいます。どのような時に使うかというと、複数の組織間で接続する場合などに使われる事が多いで NATでは宛先アドレスや送信元アドレス等の変換が行えますが、宛先アドレスと送信元アドレスの両方を変換してしまう方法を双方向NATと呼んでいます。, どのような時に使うかというと、複数の組織間で接続する場合などに使われる事が多いです。, 例えば、R10では10.1.1.0/24のネットワークのルーティングを行っており、R20では10.2.2.0/24のルーティングを行なっていたとします。それらのネットワークを接続する必要が発生した時に、R10で10.2.2.0/24をルーティングするように設定したり、R20で10.1.1.0/24のルーティングをさせなくてはならなくなります。, ダイナミックルーティングを行なっていれば何の問題もなさそうですが、それぞれのネットワークの管理者が異なっていたり、厳密な管理を行っていたりすると、新たなネットワークの管理を追加するのはポリシーとして面倒が生じる事があります。, そこでNATを用いて、管理するネットワークには影響を与えずにネットワークの相互接続を行えるようにします。, 設定は実に簡単で、送信元アドレスを変換するNATと宛先アドレスを変換するNATの2つの設定を入れるだけです。, 各々独立したNATのようですが、NATという一つの機能の中で、複数の条件を持っていると考えるといいかもしれません。ちょっとややこしいですけど。, insideからoutsideへの通信は先ずルーティングが行われてからNATが行われるので、10.1.1.20への経路がここで決まることになります。, 逆にoutsideからinsideへの通信はNATが行われてからルーティングされますので、10.1.1.10への経路はdirect connectで決まります。, 成功しました。R10の実IPアドレス10.1.1.10は10.2.2.10に変換されている事がわかります。, こちらも成功です。ちゃんと10.1.1.20に変換されてから接続されている事がわかります。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. B. 物理インターフェースに対して論理的なインターフェースを作成することができます。 作業環境型番:FortiGate 60Eファームウェアバージョン:v6.2.4検証用のネットワーク構成FortiGate の設定ハードウェアスイッチの作成メンバinternal1internal2I... FortiGate においてソフトウェアスイッチを使用してタグ VLAN を実現する方法を検証したためその内容を記載します。作業環境型番:FortiGate 60Eバージョン:v6.0.9FortiGate でのタ... 初学者向けの FortiGate 解説記事まとめです。これから FortiGate を学ぶ方はぜひ確認してみてください。. Catalyst 9200 シリーズ アライドでは静的リンクアグリゲーションのことをスタティックチャンネルグループと呼んでいます同じ... 作業環境 PaloAlto ではパケットを以下の順番で処理します。 1. G... 作業環境 Copyright (C) 2002-2020 ƒlƒbƒgƒ[ƒNƒGƒ“ƒWƒjƒA‚Æ‚µ‚Ä All Rights Reserved. FortiGate で VLAN 間ルーティングを実現したいという需要がありそうなので簡単な例を記載。作業環境型番:FortiGate 60Eファームウェアバージョン:v6.2.4VLAN インターフェースを使用する場合検証用の … 概要 FortiGate を設定する方法として以下の2つの方法があります。 Catalyst 2960X/XR シリーズの後継に位置づけられるシリーズC9200L と C9200 の 2 つのラインナップが存在C9200L:アップリンクが固定式C9200:モ... 作業環境 【初学者向け】FortiGateのベース機能を構築できるようになるまでの学習ロードマップ, VLAN100 に属する端末A と VLAN200 に属する端末B との間で、FortiGate を介して双方向通信を実現したい, 今回の構成では、VLAN100、VLAN200 ともに FortiGate と直結しているので、FortiGate でのルーティング設定は必要ない, FortiGate と接続するポートは、VLAN100 を許可するトランクポートとする, FortiGate と接続するポートは、VLAN200 を許可するトランクポートとする, 端末A のデフォルトゲートウェイは FortiGate の VLAN100 インターフェースとする, 端末B のデフォルトゲートウェイは FortiGate の VLAN200 インターフェースとする, FortiGate で VLAN インターフェースを作成した場合は常にタグ VLAN となるため、FortiGate の VLAN インターフェース(を紐づけた物理インターフェース)と接続する L2SW のポートの設定はトランクポートとする, FortiGate と接続するポート、端末A と接続するポートともに VLAN100 のアクセスポートとする, FortiGate と接続するポート、端末B と接続するポートともに VLAN200 のアクセスポートとする, 端末A のデフォルトゲートウェイは FortiGate の internal3 インターフェースとする, 端末B のデフォルトゲートウェイは FortiGate の internal4 インターフェースとする, FortiGate の物理インターフェースに IP アドレスを設定する場合は、そのインターフェースに接続する L2SW のポートの設定はアクセスポートとする. Fortigate を設定する2つの方法について FortiGate でトランクポートを作成しようとした際に少し苦労したのと、あまり情報が無いような気がするので、FortiGate におけるトランクポートの作成方法を記載しておきます。作業環境機種: FortiGate 6... FortiGate のハードウェアスイッチを使用した VLAN 通信について検証する(v6.2.4). fwによってnatの設定方法に癖があるので、他機器へのリプレース時などには注意が必要です。以前、ssgのリプレース時、mipの動きを正しく理解していなかったので、トラブルとなったことがありました。。(mipに登録しておくと、双方向でnat変 双方向の通信が発生する : 1:1 NAT : 複数の機器からの通信を、1つとして見せたい : SNAT : NATで、IP変換. 物理と論理 静的リンクアグリゲーション設定の前提 型番:UNIVERGE IX2106バージョン:10.2.16 双方向NATを実現するためには、Cisco機器(NATデバイス)に2つのコマンドを設定する必要があります。 ・ ip nat inside source static ・ ip nat outside source static 下図では、ip nat inside source static により変換される対象のアドレスを赤文字にして、ip nat outside IX2106 では物理インターフェースとして G... はじめに FortiGate のポリシー設定では、送信元と送信先のインターフェースを指定します。 Network Address Translation. トラフィックを定義する ACL を... FortiGate をキッティングする際に最初に設定しておきたい基本的な項目について説明します。 Copyright © 2019-2020 matsublog All Rights Reserved. 型番:AT-x510-28GTXファームウェアバージョン:5.5.0-1.3 型番:UNIVERGE IX2106バージョン:10.2.16 NATには、デスティネイションNAT(DNAT)とソースNAT(SNAT)があります。 ... Fortigateの呼び方 NAT処理 : NATポリシーによりNAT変換 (ポリシーで使われるゾーン/インタフェースは 1 で確定したもの) する。宛先NATがある場合はルーティングテーブルを再検索し、ゾーン/インタフェースを更新 3. IX2106 での ACL によるフィルタの設定手順は以下の通りです。 NAT‚Ì‹Zp ACL によるフィルタの設定手順 双方向NATとは送信元アドレスも宛先アドレスも両方共NATすることを言う。 これは、内部NWと外部NWでお互いにIPアドレスを見せたくない場合に使う事が多い。 今回はCiscoルータで実施した場合、どのようにConfigを作るのかという点に注目したい。 まずは簡単な図にしてみる。 ここで、あらかじめゾーンを作成しておくと、送信元インターフェースと送信先インターフェースの設定項目にてインターフェースの代わりに... FortiGate v6.2.4 初回ログイン時の動作と初期インターフェース設定について. FortiGate で VLAN 間ルーティングを実現したいという需要がありそうなので簡単な例を記載。, VLAN インターフェースの新規作成は、インターフェース画面から [新規作成] → [インターフェース] を選択し、新規インターフェース画面でタイプとして [VLAN] を選択します。, ネットワーク/インフラサーバエンジニアです。監視、運用、構築と順にフェーズアップしてきました。, matsublog では松田が業務内外で得たナレッジを初学者向けにまとめています。FortiGate を中心に様々なインフラ技術を扱っています。.