エントリーシートの自己PRの回答に対する適切な文字数と、文字数別の回答サンプルを紹介しています。, 「志望動機」「学生時代に頑張ったこと」に並んで、どの企業でも問われる定番の質問です。, エントリーシートで「自己PRをしてください」に対する回答を書こうとしたとき、指定された文字数がないといったいどのくらいの文字数で書くべきか、戸惑った経験はありませんか。, 今回の記事では、エントリーシートで自己PRに回答する際の適切な文字数、および文字数別の回答サンプルをご紹介します。, この記事を読めば、 エントリーシートの自己PRが迷いなく書けるようになります。また、異なる文字数に対しても的確なポイントを押さえて自己PRに回答ができるようになります。, 自己PRの適切な文字数は300字程度です。文字数の指定がない場合は、300~400字に収めましょう。300字程度の自己PRに記入する内容は、 あなたの強みと過去のエピソードを選ぶとよいでしょう。, 文字数の指定がある場合は、 指定された文字数から+-1割以内をめどに回答を作成してください。, 自己PRで求められているのは、 あなたが企業でどのように活躍できるのかを伝えることです。, エントリーシートで自己PRに200字で回答を行うときは、 「自分の強みと行動」を端的に書きましょう。はじめに自らのアピールポイントとなる強みを言い切り、強みを発揮している際の行動を具体的に説明してください。, 200字で書けることはかなり限られています。実際に強みを発揮されたエピソードを書くには文字数が足りないため、最低限必要な要素である「自分の強み」と、強みをより具体的に伝えるため「強みが発揮された際の行動」を示します。短い文字数のため、 キャッチーな言葉で簡潔に伝える必要があります。, 私の強みは、リーダーシップです。ビジョンを掲げ、チームをひとつにまとめて、目標達成に導くことが得意です。学生時代はサッカー部の主将として50名の部員を率いていました。定期的に部員が話し合う機会を設け、全員が一丸となって目標に向かう団結力を生み出すように意識していました。また県大会ベスト4を目指し、実力のある2,3年生を積極的にレギュラーに登用する体制を導入した結果、県大会準優勝と目標を超える結果を出すことができました。(211文字), 次に続く文章では、強みを具体的に説明します。 自己PRが書けない!その原因と書くときのコツ, 100字の自己PRに限らず、字数が指定されている場合は、たとえ1文字でもオーバーするのは避けましょう。「ルールを守れない人」や「指示をよく確認しない人」という印象を持たれてしまう可能性があります。マイナス評価に繋がらないよう、文字数はしっかりと確認しましょう。目視だと数え間違える恐れがあるので、文字数カウントツールを使用するのがおすすめです。 リーダーシップといっても人によって解釈が異なるため イメージがずれないように、言葉の定義を説明するのがポイントです。, エントリーシートで自己PRに400字で回答を行う場合は、「自分の強み」と「強みを発揮した際の行動」に加えて、「強みが発揮されたエピソード」を書きます。, 過去の出来事の中で、強みを発揮した場面をより具体的に書くことで、あなたの強みに対する説得力が増します。 就活生の皆さんは、「自己PRで100字」に文字数指定されて困った経験はありませんか?, ある企業のESを書いているんですが、自己PRに100字以内の文字数制限があるんです。, 100字以内の自己PRのイメージがわかないのなら、100字の自己PRの例文を参考にしても良いですね。, そこでこの記事では、100字の自己PRの簡単な作り方3ステップを解説していきます。, 合わせて、100字の自己PRの例文12選、自己PRを100字で作るときのコツと注意点についても解説します。, この記事を読めば、書類選考を通過できる、質の高い100字自己PRを簡単に作成できるようになりますよ。, 自己PRが100字以内にまとまらず困っている就活生、上手な100字自己PRを作成したい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。, 通過する自己PRを書くためには、内定者のESを参考にしつつ、社会人に自己PRを添削してもらうのが最短ルートです。, ESが無料で見れるサイトと、自己PRを添削してくれるサービスを以下の記事にまとめていますので、活用してくださいね。, 100字以内の自己PRを作成したいのですが、文字数制限が厳しすぎて上手くまとめることができません。, それでは、100字の自己PRの例文12選を紹介していくので、自分がアピールしたい強みの例文を読んで参考にしてみましょう。, それぞれの強みの上手な伝え方や自己PRの例文、言い換え表現について詳しく書いた記事も一緒に紹介していきます。, 1年間オーストラリアへ留学した際には、8ヵ国の学生と交流し、それぞれの文化を尊重することで仲良くなれました。, 在籍数150名以上のバトミントンサークルで、懇親会や飲み会の幹事を務める中で、この強みを養いました。, 大学2年生のとき、中小企業診断士の資格を取ると決め、目標達成のために1000時間以上の勉強をして合格しました。, 仕事でも、責任を持って自分の役割を最後まで全うするように尽力します。(100文字), 10年間続けているサッカーにおいて、レギュラーになるために、毎日2時間の自主練習を1年間継続した経験があります。, カフェのアルバイトで先輩から助言を受けた際、その日のうちに対策を考え実行したところ業務効率がアップしました。, 仕事においても、要求される役割を果たすため向上心を持って取り組みます。(100字), 高校生の頃から、勉強する前に1ヵ月のスケジュールを立て、計画的に進めることを習慣にしています。, この強みを活かし、仕事でも事前に計画を立て、スケジュール管理を徹底していきます。(98文字), 1年間のアメリカ留学で、考え方や意見の違いを受け入れ、理解することの大切さを学びました。, 貴社においても、様々な世代・性別・立場の考え方や意見を柔軟に受け止め、業務遂行致します。(99文字), バレーボール部のマネージャーとして、チームのためになることを常に考え行動した結果、身につけた強みです。, 仕事の中でも売上アップにつながることを考え行動し、貴社に貢献したいです。(98文字), 集団塾の講師として、1回2時間の講義を日常的に行ったおかげで、少なくとも2時間は高い集中力を維持できるようになりました。, 大学時代はサッカー部に所属し、チーム内で1番早く練習を始め、1番遅く終わる努力を4年間継続しました。, 海外旅行をきっかけに英語を学ぶ決意をし、1年間の勉強の末、TOEIC900点を達成しました。, 貴社においても、持ち前の真面目さを活かし、真摯な姿勢で仕事に取り組みます。(95文字), テニス部で部長を務めた際、仲間との会話や課題共有に力を入れ、目標の県大会出場を達成しました。, 仕事でもコミュニケーションを大切に、周囲との信頼関係を築いていきます。(100文字), 100字の自己PRをなるべく簡単に作りたい方は、以下の3ステップで作成するのがおすすめです。, 100字の自己PRの簡単な作り方のステップ①は、「必須項目を箇条書きにする」です。, この3つの必須項目を入れることで、わかりやすく、説得力のある自己PRに仕上げることができますよ。, ステップ①の箇条書きの段階で、気持ち簡潔に書くようにしておくと、後のステップが楽になりますよ。, ステップ①で考えた自己PRの3つの必須項目の箇条書きを含めながら、ひとつの文章にまとめていきます。, それから語尾を統一したり、接続詞を入れたり、言葉の順番を変えたりして、後から文章を整えていくと良いですよ。, 僕の自己PRの3つの必須項目の箇条書きを、文章にまとめると以下のようになりました。, 私はこの強みを活かして、閉校の危機に立たされていたアルバイト先の予備校を、救ったことがあります。, 生徒のやる気アップのために個別面談をしたり、新規入学を増やすために無料お試し講習をビラ配りで宣伝したりしたのです。, その結果、模試の平均点が上がり、新規の入学数もアップしたので、閉校を免れることができました。, 仕事においても、不利な状況にあっても前向きに捉え、困難を乗り越えていきたいと考えています。, ステップ②の文章にまとめる段階では、まだ文字数制限のことは気にしなくて大丈夫です。, ステップ②で作成した自己PRの文章の文字数をカウントし、目標の100字に近づけていきます。, 文字数のカウントは、Wordなどのテキストファイルに文章をコピーするか、ネットで「文字数カウント」と検索するとヒットする、文字数チェックツールを使用する方法があります。, この強みを活かし、アルバイト先の予備校で、個別面談や無料お試し講習のビラ配りを行い、閉校危機から救いました。, 「必須項目を箇条書きにする ⇒ 文章にまとめる ⇒ 文字数を調整する」の順番で作成すると、簡単に100字以内の自己PRができるので、ぜひやってみてくださいね。, 今回は小渕さんと一緒に作ったからできたけど、やっぱり自分ひとりで100字の自己PRを作るのは、ちょっと自信がないです。, 3つのコツさえ押さえれば、自分ひとりでも上手に100字の自己PRが作れるので大丈夫ですよ。, コツを押さえて、効率良く100字の自己PRを作成したい方は、ぜひ読んでみてくださいね。, そのため、100字の文字数制限があるときは、複数の強みを入れようとするのは120%無謀です。, 強みを裏付けるエピソードや会社でどう活かすかについても、それぞれ1つずつに絞るようにしましょう。, 文字数制限のない自己PRですら、アピールする強みは1つに絞るのが望ましいと言われます。, ましてや100字の自己PRでは、1つの強みをアピールするので精一杯なので、欲張らずにいきましょう。, 100字の自己PRを作るときには、最初に「結論=アピールする強み」を持ってくるようにしてください。, 100字の自己PRの冒頭は、「私の強みは~です」「私は~が得意です」など簡潔な言い回しで始めると、文字数を節約できますよ。, 文字数が100字をオーバーしてしまうときは、ひとつひとつの言い回しを丁寧にチェックして、もっと簡潔な言い換え表現がないかを考えるようにします。, 特に文の語尾は簡潔に言い換えても意味が変わりにくい部分なので、重点的にチェックしてみましょう。, 100字の自己PRを作るときのコツについてはわかったのですが、注意点は何かありますか?, 実際に100字の自己PRが完成したら、注意点をクリアできているかチェックしてみてくださいね。, 100字という文字数制限に気をとられて、必要な情報まで削ってしまっては、自分の強みが企業へ十分に伝わらない自己PRになってしまいます。, 「100字の自己PRの簡単な作り方3ステップ」を踏まえて自己PRを作っている人は、必要な情報が書けていますよね。, 100字の自己PRをいきなり書き始めた場合、必要な情報が書けていないことがあるので必ずチェックしましょう。, 100字の自己PRを作るときの注意点2つ目は「初見でも意味のわかる内容に仕上げる」です。, 100字の文字数制限の中で自己PRを作成すると、かなり内容が簡潔になりますが、言葉の削り方によっては意味の通じづらい文章になってしまうことがあります。, 「企業の採用担当者は、あなたのことを全く知らない」ということを念頭に置き、初見でもきちんと意味のわかる内容になっているかどうかを確認してください。, 自分で読み返してチェックするだけでなく、同じ就活生や先輩など、他の人の客観的な視点で読んでもらうのも有効な方法です。, 100字の自己PRは、文字数制限上、どうしても内容が薄くなってしまいがちですが、ある程度は仕方がないです。, それでも、初見で意味の通じない自己PRは企業の印象に残りませんので、内容のわかりやすさに気を遣うようにしましょう。, 100字の自己PRを作るときの注意点3つ目は「文字数を超過していないか最終確認する」です。, 万が一、文字数制限を1字でもオーバーしていたら、書類選考で落ちてしまう可能性が高いからです。, 100字の自己PRが完成したら、最後に文字数が100字を超過していないかを必ず確認するようにしてください。, 頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・, 自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。, 知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。, 通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。, ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。, ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。, 公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。, unistyleの評判や使い方については、「【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミも」という記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。, エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。, エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。, こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。, 自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。, 自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。, 診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。, 適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。, 就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。, その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。, この記事の「【3STEPで完成】「自己PR100字」通過した例文12選 | 作成のコツ,注意点も」はいかがだったでしょうか?, また、100字の自己PRの例文12選、自己PRを100字で作るときのコツと注意点についても解説しました。, ◆「100字の自己PRの簡単な作り方3ステップ」を真似すれば、100字自己PRは簡単に作成できる, 100字の自己PRは、まとめるのが大変なイメージですが、「100字の自己PRの簡単な作り方3ステップ」で紹介した手順で進めると、簡単かつ上手に作成できますよ。, この記事で紹介した例文も参考にしながら、質の高い100字自己PRを完成させてくださいね。, 自己PRが上手く作成できずに困っている就活生の方は、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。, 他の自己PRの強みにも当てはまる人は、各強みの伝える時の例文やコツが分かりますので、あなたに合う自己PRを選んで、参考にしてみてくださいね。, エントリーシートの自己RRを書いているんですが、自己RRってどうやって書けばいいんでしょうか?, 「エントリーシートで自己PRの書き方がわからない!」「自己PR以外の質問の答え方がわからない」という就活生には、これらの記事がおすすめです。, 「就活の教科書」では、実際に就活を経験した内定者が自身の経験を含めて、自己分析、エントリーシート、面接対策などの記事を執筆しています。, 1ヶ月に70万回、就活生の2人に1人(35万人)が訪れる就職活動の総合情報サイトです。, 産経新聞やTOKYO FMなど多数のメディア実績。JMAMより書籍も出版しています。, LINEメルマガ、Twitter、Youtubeで、就活の最新情報を配信中!無料ですので、登録お願いします。. 自己prに文字制限があり、100字で書かなくてはいけない場合、3つのコツを押さえることで採用担当者も読みやすく、内容が伝わる文章を仕上げられます。キャリアパークでは、履歴書やesに使える自己prを100字で完結に書くコツを紹介します。 自己PRってどうすればいいの?書き方と注意点を紹介, 「書こうと思ってもなかなか書き出せない」とお困りの方におすすめの方法をご紹介します。, 伝えたいことが多すぎて困っている方は、長めの自己PRを作るところから始めましょう。そこから、無くても困らない表現を削ったり、言葉を別の表現に置き換えたりして、徐々に文章を短くしていきます。この方法であれば、長い自己PRと短い自己PRの両方を作ることができ、一石二鳥です。 エントリーシートって何を書けば良いの?   就活では必ず書くことになる エントリーシー... 選考でのエントリーシートの位置付け   エントリーシートは、就活を行う中で誰しも一度は... エントリーシートで聞かれる質問とは?   就職活動を始めた学生が、まず最初に手をつける... インターンのポイントを解説選考やインターンを有意義に過ごせるか不安な人は必見です!, この記事をおさえておけば企業分析は大丈夫!IRに基づいた分析で企業を徹底解剖します。, エピソードを書く際には、5W1H(誰が、いつ、どこで、なぜ、どのように)を踏まえて具体的に書くように心がけてください。. 自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章を考えるのが苦手で、上手くまとめる自信がない人も多いはず, 自己PR作成ツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、説得力のある自己PRが完成します。, 説得力のある自己PRを作るには、自己分析を通じて、「あなた自身の強み」を深く理解する必要があります。ただ、自己分析をやるのも結構大変です。, My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。, My analyticsを活用して、あなたの本当の強みを発見し、面接官を唸らせる自己PRを完成させましょう。, 一生懸命考えたのに、自己PRが面接官に響いていない。 ・私は「がんばり屋のズボラ人間」です(労力を減らすために効率的な方法を考えるのが得意) リクルートグループのリクナビNEXTのグッドポイント診断を使えば、上記のような約300問の質問に回答していくだけで、下記18の強みの中から5つ、自己PRでアピールすべきあなたの強みを教えてくれます。. エピソードを書く際には、5W1H(誰が、いつ、どこで、なぜ、どのように)を踏まえて具体的に書くように心がけてください。 ESでは自己PRは頻出の項目ですが、場合によっては100字以内など、文字数制限を課せられることもあります。自己PRを長く書くのは難しいと感じる人も多いでしょうが、実は100字で短くまとめるほうが難しいです。, 長く書く分にはいくらでも内容を盛り込むことができるのが簡単ですが、短くするとなれば、本当に必要な部分のみを記入しなければなりません。伝えたいことをいかに明確にし、アピールできるかが重要であり、ESでも難関のポイントと言えるでしょう。, 簡潔な自己PRをするためには、内容はもちろん、書き方などにも工夫が必要です。100字で簡潔にまとめるにはどうすればよいのか、上手な書き方を把握して、ESの攻略を目指しましょう。, 自己PRは短くまとめるほうが難しいですが、100字という狭い枠内で収めるにはいくつかのコツがあります。コツを正しく把握して作成できれば、簡潔な自己PRもそれほど難しくはありません。, 反対に言えばコツを把握できていなければ、上手くまとめることも難しくなるので注意が必要です。自己PRを100字でまとめるためのコツはさまざまありますので、それらを正しく把握して、簡潔なアピールをおこないましょう。, 自己PRを簡潔にまとめるためには、何をアピールしたいのかを明確にすることが大切です。そのため、冒頭では結論から書き始めることを意識しましょう。最初に結論を述べることで、何をアピールしたいのかが伝わるため、自身をより強く印象付けることができます。, アピールの方向性を定めることもでき、意図した内容できちんと伝えられるのも大きなポイントです。結論を後回しにしてしまうと、どうしても最初と最後でアピールの方向性が違ってしまうことが多く、結局何を伝えたいのか分からないまま終わることもあります。, 特に100字という文字数制限がある場合は、結論を後回しにすると入りきらなくなってしまう可能性も高いため、重要なものほど最初に伝えることが大切です。, 100字は文字にしてみると非常に少ないため、不要なものはとにかく省いていかなければなりません。自己PRでは自身の能力や人柄、それを裏付ける根拠などをアピールしますが、これらを極限まで削り取って、必要性の高いものだけを盛り込むことが大切です。, 自分のことをより深くまで知ってもらうためには、情報量を多くし、さまざまな要素を盛り込んで伝える必要があります。しかし、それは文字数制限のない場合であり、100字と規定が決まっているのであれば、その範囲内でアピールをしなければなりません。, 100字の自己PRで求められているのは、いかに短くまとめてアピールできるかです。詳細なアピールまでは求められていませんので、本当に必要なものだけを抜き出して、伝えるべき内容を考えましょう。, 自己PRでは根拠を示したアピールが重要であり、これは100字であっても同じです。いくら自身の能力や人柄をアピールしても、根拠づけができていなければ、高評価を得るのは難しくなってしまいます。大切なのは根拠を持たせ、信用してもらうことです。, 具体例を使いながら自身の能力や人柄が本当に備わっていることや、企業でどのように活かせるかなどを伝えましょう。具体例といっても、文字数が限られているため、バランスを取ってアピールすることが大切です。具体性を持たせるのは大切ですが、細部まで説明してしまうと、文字数が足りなくなってしまいます。簡潔さを意識して書きましょう。, 良い自己PRをするには、自己分析を通じて、「あなたの強み」を深く理解しておく必要があります。特に、100文字という制限がるなら尚更です。, 自分の強みを発見するには、無料の自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。, My analyticsを活用して、あなたの本当の強みを見つけ、採用担当に響く自己PRを完成させましょう。, 自己PRで悩む学生は多く、そもそも何をアピールすればいいのか分からないと困っている人はたくさんいます。100字で上手に自己PRをするためには、書き方などにもこだわらなければなりませんが、それ以前にアピールする題材を見つける必要があります。, 題材が見つかっていなければ、アピールのしようもないため、まずはどんな内容で自己PRするのかを考えなければなりません。自己PRの考え方はさまざまな方法がありますので、自分に合ったものを試して、100字の簡潔なアピールを考えましょう。, ESに限らず、就活では自己PRを求められることは多く、アピール内容を考えるのは必須と言えます。普段の自己PRは文字にすると200~300字程度になることが多く、通常バージョンはすでに作成できているという人も少なくありません。, 通常の自己PRはできていても、100字にまとめるのは難しいと感じているのであれば、すでにできあがっている自己PRを削ってみましょう。100字の自己PRも200~300字の自己PRも、基本的な内容は同じであり、アピールの仕方などもそれほど大きくは変わりません。, そのため、通常の自己PRを削って省略していけば、100字の自己PRとして使用が可能です。通常バージョンの自己PRも必須であるため、長いバージョンから考えれば、選考の対策にもなり、一石二鳥です。, 短くまとめた自己PRを考えるためには、キャッチコピーを意識するのもおすすめです。キャッチコピーであれば、自身の能力や人柄など、人間的な特徴を短い言葉で言い表すことができ、文字数を省略してアピールが可能です。, 採用担当者の印象にも残りやすくインパクトのあるアピールになるため、高評価にも繋がりやすいでしょう。キャッチコピーは個性を端的にアピールできますので、自己PRにはうってつけです。, 短くアピールして具体例などに文字数を割くことができますので、全体的にも書きやすくなります。文字数制限がある場合は、いかに文字数を少なくできるかが重要です。少しでも字数を節約するためにも、キャッチコピーをいくつか考えてみましょう。, 100字の自己PRとなれば、当然アピールできる範囲は狭くなり、内容も薄くなりがちです。内容が薄いとアピール力に不安が残りますが、心配する必要はありません。通常の自己PRであれば200~300字程度であるため、2分の1から3分の1に文字数を減らした100字のアピールが薄く感じるのは当然のことです。, 文字数制限がある以上、内容が薄くなるのは企業も承知していることであるため、気にせず指定の字数に収める努力をすることが大切です。100字では内容が薄いと感じてしまう場合でも、条件は他の学生も同じであり、同様に薄い内容でしかアピールはできません。, 100字の自己PRで求められるのは、いかに情報を簡潔にまとめられるかであるため、内容については気にしすぎないことが大切です。, 100字の自己PRのコツや考え方を知れば、実際にESに記入する内容を考えていきましょう。コツなどを踏まえていたとしても、いざ書き始めればなかなかうまくいかないことも多いため、提出期限に注意して早めから準備を進めておくことが大切です。, どのように書けばいいのか分からなくなった場合は、例文を参考にするのがおすすめです。例文を見ればどのようにアピールしていけばいいのか、全体像を掴めますので、イメージを膨らませながら、自己PRを考えていきましょう。, 長期的な目標をクリアするために、短期目標を設定し続け、成長できます。小学校から続けている剣道で、常に上の段位の獲得を目指し、3段まで昇段しました。何事にも挑戦し続け、難しい仕事にも取り組みます。, 例文①では、長期的な目標をクリアするために、短期目標を設定し続けられるとアピールしています。最初に結論から語られていますので、アピール内容を明確にし、インパクトのある自己PRとなっているでしょう。, どのような能力があるかも簡潔かつ具体的に示されているため、仕事での活かし方などもイメージしやすいです。過去の経験から本当に身に付いていることが伝わり、仕事での取り組み方に言及することで、意欲をアピールできています。, スポンジのような吸収力が売りで、何でも吸収し、成長できます。大学では留学を経験し、異文化に触れて多くのことを学びました。分からないことにも積極的に挑戦し、成長することで仕事の成功を目指します。, 例文②では、スポンジのような吸収力が売りとアピールしています。結論から語っているだけではなく、キャッチコピーで簡潔にアピールできているため、よりインパクトを与えることができているでしょう。, またスポンジのような吸収力と終わらせるのではなく、何でも吸収し、成長できると繋げることで、自身の能力をより明確に提示できています。過去の経験で裏付けもできており、仕事での活かし方も述べられているので好印象でしょう。, 傾聴力があり、他人の本音を引き出すことができます。カフェのアルバイトで会話スキルを身に付け、聞き役に徹して傾聴力を鍛えました。貴社では顧客の話を聞き、本音を引き出し信用してもらうことで、活躍します。, 例文③では、傾聴力を題材にアピールしています。単に傾聴力とするのではなく、他人の本音を引き出すことができると、詳細まで述べることで、能力をより明確にアピールできているでしょう。, アルバイトの経験から根拠づけができており、仕事での活かし方にもうまく言及できています。また能力を活かして活躍したいという意欲もアピールできいるため、成長力のアピールにもなり、さらに好印象です。, 自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。, そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。, 100字で自己PRをする際には注意点もあり、守れていないと高評価を得られない可能性も高いです。自己PRは同じ題材でアピールしていたとしても、書き方や文章構成など、ちょっとした点が違っているだけで、与える印象も大きく異なります。, 少しでも高評価を獲得するためには、細部まで徹底して考え、練り上げることが大切です。マイナスの要素を少しでも排除してアピール力を高めるためにも、注意点は正しく理解しておきましょう。, 100字の自己PRでもっとも難しいのは、指定された文字数内で簡潔にアピールすることです。実際に自己PRを考えてみれば、100字を超えてしまうことも多いですが、指定がある以上、文字数の超過は避ける必要があります。たとえ1文字であっても、超えてしまうと指示が守れていないとして、マイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。, また、指定文字数内にまとめられないことで、要点を簡潔に伝える能力が低いと思われる可能性もあります。社会人になれば、短い時間で大切なことだけを簡潔に伝えるシーンも増えるため、要点をまとめて伝える能力は非常に重要なものです。社会人としての基礎能力が低いとも思われかねないため、文字数は特に厳しくチェックしておきましょう。, 100字という限られた文字数で自身をアピールするのは難しいですが、だからといって能力を提示するだけで終わってしまうのはNGです。自己PRは大前提として能力を提示しなければなりませんが、それだけで終わってしまうとアピール力は低くなってしまいます。, 高評価を獲得するためには、能力や人柄を明確に提示し、かつそれを裏付ける根拠や仕事への活かし方に言及することが大切です。能力の提示だけで終わってしまうと、本当に身に付いているのかが判別できず、企業で活躍できるかも分からなくため、評価を下げられてしまう可能性が高いです。自己PRは自分を売り込むためのものですので、文字数制限がある中でも、複数の要素を盛り込んでアピールしましょう。, 就活では自己PRは必須であるため、必ず用意しておかなければなりませんが、ESでは100字でアピールなど、文字数制限が付けられることも多いです。文字数に制限がある場合は、まずは指定内で収めることを意識し、その上で上手にアピールする方法を考えなければなりません。, 文字数超過はNGですが、字数が範囲内でも、きちんとアピールできていなければ高評価を獲得するのは難しいです。100字という短い文字数で簡潔にアピールするためには、文章構成が特に重要になります。何をどの順番で伝えるのかを考え、何が必要、不要かもしっかり吟味しなければなりません。本当に伝えるべきことだけと抜き出すことが大切ですので、何を伝えたいかを明確にして、100字の自己PRも攻略しましょう。, 自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。, 自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。, 就活の未来を提供するポート株式会社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークを取得(登録番号:第17001426(04)号)し、個人情報の取り扱いについて適切な管理を徹底しています。, 就活の未来を提供するポート株式会社は、有料職業紹介事業者として厚生労働大臣の認可(許可番号 :13-ユ-305645)を受けた会社です。人材紹介の専門性と倫理の向上を図る一般社団法人 日本人材紹介事業協会に所属しています。, 当社は、東京証券取引所、福岡証券取引所の上場企業であり、主にインターネットメディア事業を運営しています。(証券コード:7047).