%PDF-1.6 %���� 82 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<188EF1FB719DD9448AD3153B441D054C>]/Index[64 40]/Info 63 0 R/Length 100/Prev 612488/Root 65 0 R/Size 104/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream 肝臓(Liver)は上皮性の組織で、成人では体重の2%(60kgなら1.2kg)を占める臓器といわれる。消化器として扱われることが多いのは肝臓の付属器である胆管が胆汁(脂肪消化に関与)を生成することや、肝臓自体が消化管上皮から分化したものであるため。 年齢を重ねると、肝臓にはいくつかの構造的な変化や、顕微鏡レベルの変化が起こります。(肝臓と胆嚢の通常の機能に関する説明については肝臓と胆嚢の概要を参照のこと。 )例えば、肝臓の色は明るい茶色から暗い茶色に変化します。 h��W�n�F��yLP�s�܀��N6F�M�Mv ? %%EOF 本実習では顕微鏡観察等の結果を記録するためにスケッチを行う。スケッチを行うためには詳細な観 察が必要となるため、スケッチする過程で初めて気づくことも多いだろう。観察物を記録するための h�bbd```b``� "S�d,�d����"J �;̾$����,v`�y@������L w�*SA*KV���ɟ1��6�� ��J�g`�� � 8�O Please confirm that you are not located inside the Russian Federation, ここから先は第三者のウェブサイトになります。当社は、第三者のウェブサイトのコンテンツに関与しておらず、掲載内容について一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。, 年齢を重ねると、肝臓にはいくつかの構造的な変化や、顕微鏡レベルの変化が起こります。(肝臓と胆嚢の通常の機能に関する説明については肝臓と胆嚢の概要を参照のこと。)例えば、肝臓の色は明るい茶色から暗い茶色に変化します。サイズは次第に小さくなり、血流量も減少していきます。しかし、肝機能検査の結果は、全般的に正常のまま保たれます。, 肝臓が様々な物質を代謝する働きは、年齢を重ねるにつれて衰えていきます。そのためある種の薬は、高齢者の体内では、若い人ほど速やかに不活化されない場合があります。その結果、若い人では副作用を起こさないはずの用量でも、高齢者では用量依存性の副作用が起こることがあります( 加齢と薬)。したがって、高齢者ではしばしば薬物の使用量を減量する必要があります。また、各種のストレスに対する肝臓の抵抗力も弱まります。そのため、若い人に比べて肝臓に有害な物質の影響を受けやすくなります。傷ついた肝細胞を修復するスピードも高齢者では遅くなります。, Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。私たちのコミットメントの詳細は、Global Medical Knowledgeをご覧ください。, 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。, このサイトは、 信頼できる医療・ 健康情報のための 倫理標準である HONcodeの条件を満たし ています: こちらから確認してください。, The trusted provider of medical information since 1899, © 2020 Merck Sharp & Dohme Corp., a subsidiary of Merck & Co., Inc., Kenilworth, NJ, USA. endstream endobj startxref 肝臓に接続し小腸が吸 収した栄養分を肝臓に 送り込んでいることを 説明する。(図11) 図8 精巣両側 図9 脾臓 図7 精巣付近 図10 恥骨結合の切り離し 図11 腸間膜の血管 理-3-4 . 64 0 obj <> endobj 103 0 obj <>stream 勉強ノート公開サービス。30万冊を超える大学生、高校生、中学生のノートをみることができます。テストの対策、受験時の勉強、授業で分からないことを解決。自分のノートを公開することもできます。 理-3-12 図17 肋骨の切断 0 9 6. 科学的なスケッチは、自然物に均一な光が当たり、影がない状態を想定して描きます。顕微鏡で平面的なプレパラートを観察する時は、理想的です。しかし、厚みがあるものは大変です。立体表現や奥行き表現が必要になるからです。 【医師監修・作成】「肝硬変」肝臓の細胞の破壊と再生が繰り返されたことで、肝臓が線維化(肝細胞に炎症が繰り返される影響で組織が硬くなって機能を失うこと)した状態|肝硬変の症状・原因・治療などについての基礎情報を掲載しています。 スケッチについて. �����YL �.11(�Z ?�!�)� K7s��y�����*�uX�΍����t b"�u�YL��+!�,:pQV�p�(�}� �G� 肝臓(Liver)は上皮性の組織で、成人では体重の2%(60kgなら1.2kg)を占める臓器といわれる。消化器として扱われることが多いのは肝臓の付属器である胆管が胆汁(脂肪消化に関与)を生成することや、肝臓自体が消化管上皮から分化したものであるため。その役割は胆汁生成のほか糖質などの貯蔵、異物代謝など多岐に渡る。左葉、右葉、方形葉、尾状葉に分けられるが組織学的にこれらの間に違いはない。, 肝臓はその多くの機能の割に単純な細胞構成をしており、主に肝細胞(hepatocyte,liver cell)からなる。表面は横隔膜に接する面と肝門(門脈の入る所)以外は漿膜(腹膜)に覆われている。この漿膜は単層扁平の中皮とその下のかなり厚い(50~60μm)結合組織で構成され、肝臓を保護している。この漿膜下組織はグリソン嚢とも呼ばれる。漿膜下組織の続きは肝臓内にも入り込み、肝実質を無数の小葉に隔てる。この実質内での結合組織を特に小葉間結合組織(グリソン鞘)と呼ぶ。, 前述の通り、肝実質の細胞はグリソン鞘により小葉に分けられている。この小葉を特に肝小葉(hepatic lobule)と言い、六角形の区画として捕らえられる。肝小葉は肝臓の機能の最小単位であり、中心静脈を中心として捉えるのが一般的である。 endstream endobj 65 0 obj <> endobj 66 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC]/XObject<>>>/Rotate 0/StructParents 0/Tabs/S/Type/Page>> endobj 67 0 obj <>stream 概要 []. またこの六角形を同定するのが顕微鏡像を見るうえで重要なのだが、その基準は中心静脈を中心とした小葉間の三つ組(Portal triad)である。図1を見てもらうと分かるが、無数に規則的に並ぶ肝細胞(後述)の中に、多量の結合組織に覆われた複数の孔(小葉間の三つ組)と、結合組織をほとんど持たない孔(中心静脈)がある。この小葉間の三つ組が六角形の一つの角となり、中心静脈を囲むように並ぶ。ここで注意したいのが、全ての角で結合組織の小葉間の三つ組は一つの肝小葉に対して3,4個しか確認できないという点だ。肝小葉の六角形は実際に見えている三つ組と、肝細胞の並びから推測するしかない。, では、小葉間の三つ組(Portal triad)とは何か。これは小葉間動・静脈、小葉間胆管の3本の管がグリソン鞘によって一箇所にまとめられたものである。最も径の大きいものが小葉間静脈であり、動脈と胆管は平滑筋の量で区別される(図2参照。図1では右にわずかに見える孔が小葉間動脈である)。これら三種の液の走路は肝臓の組織学では非常に重要である。またグリソン鞘と肝細胞の境界部にはわずかな腔があり、ここにはリンパ液が集められる(モール腔)。, 注目すべきは、動静脈血は中心静脈に向かって求心性に流れるのに対し、胆汁は遠心性に走行するという点である。これらの液の走行は後に全容をまとめる。, 肝細胞は中心静脈からほぼ放射状に規則的に配列しており、その列構造を肝細胞索と呼ぶ。これら肝細胞索の間は類洞(洞様毛細血管)と呼ばれる、毛細血管よりも太い血液の走路を形成する。また類洞とは離れた位置で、肝細胞2つの間に毛細胆管も形成される。これは細胞で作られた胆汁を小葉間胆管に送る経路の一部であり、ヘマトキシリン-エオジン染色でも濃染する細胞膜としてなんとか同定できる。毛細胆管は小葉間胆管に向かう過程でへリング管(Hering Duct)に移行する。, 類洞は隣り合う肝細胞索の間を走行する血管と捉えられる。肝細胞と類洞の間には内皮細胞が存在し、他にもクッパー細胞(Kupffer cell)や、伊東細胞(Ito cell)も見られる。内皮細胞と肝細胞の間にはわずかに腔があり、ここをディッセ腔と呼ぶ。ディッセ腔はリンパの走路であり、小葉間の三つ組付近にあるモール腔へとリンパ液を送る。, https://ja.wikibooks.org/w/index.php?title=組織学/肝臓&oldid=138204, 滑面小胞体が発達している:グリコゲンからグルコースの合成、その他にも胆汁酸塩、コレステロールの合成、ビリルビンなどのグルクロン酸抱合、脂肪酸のエステル化などを行うため, 伊東細胞:ビタミンA貯蔵細胞。脂肪を取り込む性質があり、脂肪滴が見えることもある。見つかることは稀. (��U,�R�������~D[rt�d��d�.���G䌕����p!�Մ�XC�4�Z"�#�A#��8� ���:JV8cġB`Gh�2�K����+6@Y�,�p"���"�T̐h��GO��wpo|�n�>�_���b����-������bb�=N9�zm�[L�@%�l2�t&t���Y4'ګO�Lu#r&YD��S�����#�g������p:�|���0�~�ED��eD���Gy�Gtz�tY�u:`�l5�V����. h�b`````J```�_ʀ