『mステ』の放送時間移動に伴い2019年9月13日放送分で終了。終了後は、再び『mステ』の前座番組(『マツコ&有吉 かりそめ天国』)の終了直後に、生放送による当日出演のゲストアーティストを紹介するクロスプログラム(15秒)が行われている 。 - 総天然色バラエティー 北野テレビ - ママはアイドル - 水曜ドラマスペシャル - パパはニュースキャスター - 歌のトップテン - 痛快なりゆき番組 風雲!たけし城 - 生島ヒロシのおいしいフライパン - 生島ヒロシのもっと・自由な生活 - 風まかせ 新・諸国漫遊記 - ビッグモーニング - スーパーサッカー - おはよう!ナイスデイ - 未来ビジョン 元気出せ!ニッポン! - 全日本歌謡音楽祭 - ニュースステーション - 報道ステーション - 熱血27時間チャレンジ宣言 - SmaSTATION!! 概要. - こちら夢スタジアム - 知ってるつもり?! 「A-RA-SHI : Reborn」(アラシ リボーン)は、嵐の2作目の配信限定シングル 。2019年 12月20日に配信された 。. - 関口宏ニッポン風土記, 第21回 - 第22回 - 第23回 - 第24回 - 第25回 - 第26回 - 第27回 - 第28回 - 第29回 - 第30回 - 第31回 - 第32回, 笑顔泣き顔ふくれ顔 - 青春 - 男じゃないか - 元禄太平記 - 新・河原町東入ル - こんにちは!そよ風さん - ほんとうに - 江戸を斬る(西郷輝彦版) - 三男三女婿一匹 - 野々村病院物語 - ある日突然恋だった - うちの子にかぎって… - おやじのヒゲ, 急いで!初恋 - Love Light - アンサーソングは哀愁 - あの頃にもう一度 - 夏色のナンシー - 渚のライオン - ラッキィ・リップス - 抱いてマイ・ラブ - 誘惑光線・クラッ! - 達人道 - ひるキュン! ミュージックステーション - 早見優のアメリカンキッズ - デラでら!早見英語塾 - 所さんのただものではない! - Me☆セーラーマン - 哀愁情句 - Tonight - STAND UP - PASSION - CLASH - 西暦1986 - ハートは戻らない - ハートは戻らない(DANCE RE-MIX) - Caribbean Night - Tokio Express - Lonely Liar - GET UP - Yesterday Dreamer - BEAT LOVER - 夕映えの中で - ヘップバーンによろしく - ほほ笑みあえる - SHOOTING STAR - CHANCE 〜めぐりあいを、宝石にかえて〜, AND I LOVE YOU - Image - LANAI - DEAR - COLORFUL BOX - RECESS - Sincerely - “MUSIC” - WOW! 『ミュージックステーション』(英称:MUSIC STATION)は、テレビ朝日(ANN系列)で1986年(昭和61年)10月24日から毎週金曜日に生放送されている音楽番組である。2019年(令和元年)10月18日より毎週金曜日 21:00 - 21:54(JST)に放送されている。ステレオ放送 [注 1]、ハイビジョン制作[注 2]、連動データ放送を実施している[注 3]、リアルタイム字幕放送[注 4]。通称は『Mステ』(エムステ)[注 5]、『Mステーション』(エムステーション)[注 6]。過去には『MS』(エムエス)という通称名もあった[注 7]。, 1985年(昭和60年)10月7日に開始した『ニュースステーション』から派生し、同番組のタイトルにある『ステーション』を冠した記念すべき第1号の番組[注 8]。『ステーション』を冠した理由について番組開始当時、「新しい形式のニュース番組として定着した『ニュースステーション』にあやかって、その音楽版という意味で『ミュージックステーション』と名付けた」と説明していた[1]。同局制作のゴールデンタイムの音楽番組としては『ザ・ベストヒット'83』以来3年ぶりとなる[1]。, 金曜20時台で長年に亘り放送してきた『ワールドプロレスリング』に替わり[注 9]、1986年(昭和61年)10月24日から新設した生放送の音楽番組で、2019年現在、放送34年目に突入した長寿番組でもある。当番組のメイン司会を務めるタモリが現在、レギュラー番組の司会を務める番組の中では同局の深夜バラエティ番組『タモリ倶楽部』に継ぐ2番目の長さである。放送回数は2010年で1000回を超え、同年2月5日の放送分では「ミュージックステーション1000回記念スペシャル」が放送された[2]。, 「楽曲を聴かせること」を番組のコンセプトとしている。原則として、毎回数組のゲストアーティストが、生放送でスタジオライブを行う(年数回(冬・夏のスペシャルなど)ライブのない回もある。詳細は後述)。また、歌手・バンドだけでなく演奏者など音楽家、俳優・女優、声優、お笑い芸人、YouTuber、プロレスラーなどもゲストアーティストとして生出演をする。スタジオライブの合間には、司会者とゲストアーティストのトーク、様々なコーナーや企画も展開される。, 2010年代以降、若年層向けJ-POP系の歌手が主に出演し、ゴールデン・プライムタイムでレギュラー放送している地上波テレビの音楽番組は、編成期によっては本番組のみという時期もある[注 10]。そのため、新人歌手・バンドの多くは、この番組の出演を目標に掲げているとされる。, 当番組は2014年(平成26年)7月からテレビ朝日の会長・CEOを務める早河洋が、制作プロデューサー時代に制作に携わっていた。現在では、本番組が早河の制作プロデューサー時代に自身が携わった番組で唯一継続しているという格好になっている[3]。, 2019年10月改編で、本番組は放送時間を1時間繰り下げ、金曜21時枠に移動した[4]。同年10月18日に開かれた「『テレ朝金曜3番組』合同記者会見」でメイン司会のタモリが、以前の20時からだと最近は若い人が家にいないため、と説明している[5]。, 1996年以降「シングルランキング」コーナー以外にレギュラーコーナーは無かったが、2002年以降「Mステ秘宝館」や「Young Guns(YG)」など、コーナーが増えつつある。2010年からは「BIRTH YEAR SONGS」などといった名曲コーナーが誕生している。, 『ミニステ』(英称:MINI STA)は、テレビ朝日(ANN系列)にて2002年(平成14年)10月18日から2019年(令和元年)9月13日まで本編レギュラー放送生放送開始前の毎週金曜日の19:54 - 20:00(JST)に生放送が行われていたミニ・音楽番組である。ステレオ放送、ハイビジョン制作[注 2]、番組連動データ放送[注 3]、リアルタイム字幕放送[注 4]を実施。タイトルは『MINI MUSIC STATION』の略称。, 『ミュージックステーション』(以下、Mステ)本編の前番組(『宇宙船サジタリウス』→『ニュースシャトル』→『はなきんデータランド』→『クレヨンしんちゃん』)の終了直後に行われていた、生放送による当日出演のゲストアーティストを紹介するクロスプログラム(15秒)を拡大する形で放送を開始した。この形式の予告は本番組開始後はそのラストに行われるようになり、前番組終了後の該当箇所には事前に編集・制作されたVTRによる番組予告が行われている。, 本番組の司会・進行は末期まで本編のサブ司会者(番組終了時点では並木万里菜)が担当していたが、最末期は当日のゲストアーティストの中から1組が週替わりで担当していた。サブ司会者が1人でその日のゲストアーティストのうち1~5組とトークを展開し、『Mステ』生放送開始直前の1コマ(番宣・ジャンクション・舞台裏)を伝えている。番組開始以降、本編と同様にほとんどの回でジャニーズ事務所所属のゲストアーティストが出演している。, 当初本番組内(特に画面左下)で写っていた猫の顔をした女性イラストは武内絵美がデザイン(堂になってからは猫人間のイラストはほとんどなくなったが、堂デザインのアレンジ版もある)。, 『Mステ』本編が、別の特別番組で放送休止の場合でも、当番組が放送される場合もある。この場合は、翌週や2週間後などの以降の次回予告を行う。2015年10月16日に本編が『はじめまして日本の芸能人です!まさかのキャラかぶってましたスペシャル』(朝日放送制作)のため休止となったが当番組は通常通り放送された実例がある。, テレビ朝日やEPGの番組表では本番組のタイトルを記載していたが、新聞のテレビ欄のみ本番組のタイトルは記載されておらず、本番組を含む『Mステ』自体が19時54分からのフライングスタート扱いとなっていた。, 『Mステ』の放送時間移動に伴い2019年9月13日放送分で終了。終了後は、再び『Mステ』の前座番組(『マツコ&有吉 かりそめ天国』)の終了直後に、生放送による当日出演のゲストアーティストを紹介するクロスプログラム(15秒)が行われている[注 50]。, 『ミニステ』は放送開始当初、関東ローカルでの放送であったが、2005年4月から北海道テレビでのネット放送が開始されたのを皮切りにネット局が拡大し、番組終了時点では11局ネットであった。, 毎年、春(3月・4月の時期)(2014年までは秋(9月・10月の時期)も)のテレビ番組改編時期にゲストアーティスト6 - 7組を招き、19:00 - 21:54 → 19:00 - 21:48(JST)まで『3時間スペシャル』を生放送している。 2006年4月 - 2011年3月までは次の9時枠番組がドラマ枠だったため、ドラマが放送中の場合は19:00 - 20:54までの第1弾(2時間スペシャル)・改編期などドラマの放送がない日程時に第2弾(3時間スペシャル)に分けて放送する場合があった。前述の通り、基本的に春(かつては秋も)に放送されるが、2009年1月30日にはテレビ朝日開局50周年記念特番として『50時間テレビ』内で放送されており、2019年2月1日にもテレビ朝日開局60周年記念SPとして3時間スペシャルが放送された。, なお、秋スペシャルについては『ウルトラFES』が開始されたため、2014年9月26日の放送で事実上最後となった。但し2017年に「2時間スペシャル」としてではあるが、秋スペシャルが3年ぶりに放送された。, 2019年の秋スペシャルについては『ウルトラFES』が編成上の都合で放送が無かったため、金曜21時への枠移動後初回として、5年ぶりに3時間スペシャルとして放送された。, 毎年、冬の1月最初の年内放送と夏の6月最後及び7月最初の放送と秋の10月最初の放送(2017年以降)に20:00 - 21:54 → 20:00 - 21:48(JST)まで『2時間スペシャル』を生放送している(後述の夏のスーパーライブが放送されるまでは録画放送であり、観客については通常放送と同様)。, 放送内容は過去放送回のトークの名場面集やシングルランキングの総集編、リクエストランキング及び番組が独自に調査・制作したランキングを司会者のトークを交えつつVTRでの進行で行う。2009年以降は総集編は無くなり、番組が独自に調査・制作したランキングで司会者同士のトークの場面は極端に少なくなり、ほぼ全編VTR進行の構成となっている。2017年以降は、2時間スペシャルの放送回数が非常に多い。2019年秋のリニューアル以降は、番組が独自に調査・制作したランキングが大幅に少なくなった。, 2011年・2012年は5月の初め(ゴールデンウィーク時)にも「2時間スペシャル」が放送された。こちらは生放送で「3時間スペシャル」に近い構成となっている。2015年から2018年までは8月の最終週[注 51]に、2017年・2018年は2月にもそれぞれ「2時間スペシャル」を放送している。, 以前は春の改編期および年末も「2時間スペシャル」として放送していた。また、『スーパーライブ』開始前年の1991年末までは90分スペシャル(19:30 - 20:54、JST)として放送したこともある。, 毎年、12月にその年を代表する人気や話題となった複数の豪華ゲストアーティストによる、年末特別番組『ミュージックステーションスーパーライブ』の生放送を行っている。1992年から放送が開始され、通常のレギュラー放送で生放送がされているテレビ朝日の本社からではなく、関東近郊のホールから開催されている。1992年以降は年内最後の年1回の恒例のスペシャルとして放送されている。第1回から2003年までは東京ベイNKホール(2005年6月閉鎖)にて開催され、その後、2004年のさいたまスーパーアリーナを経て、2005年以降は幕張メッセイベントホールで開催されている。本番組の派生であるが、かつて同局で放送されていた『全日本歌謡音楽祭』の後継番組に当たる。, なお、放送時間が2時間半(1992年・1993年) → 2時間(1994年) → 2時間45分(1995年) → 3時間45分(1996年 - 2002年[注 52]) → 4時間5分(2003年) → 4時間10分(2004年から現在)と、傾向としては、年々長くなっている。現在は19:00(一部地域は18:53) - 23:10(JST)。2001年以降は、エンディングで城島茂(TOKIOのリーダー)が「城島タモリ」(タモリのものまね・格好をして登場)を披露するのが恒例である[注 53]。, 2019年は『ウルトラFES』と合体して12月27日に11時間を超える生放送が行われた。, 毎年、9月に今人気のアーティストから過去に人気で各時代を彩ったアーティストまで錚々たる豪華ゲストアーティストによる、大型特別番組『ミュージックステーションウルトラFES』の生放送を行っている。2015年から放送が開始され、2015年は番組放送30年目突入記念、2016年は番組放送30周年記念として行われており、2017年以降も年1回の恒例のスペシャルとして放送されている。第1部・第2部・第3部の三部構成で放送されており、第1部はテレビ朝日本社1階アトリウムに作られた特設セット、第2部以降は通常の生放送を行っているテレビ朝日第1スタジオから放送を行っている。, なお、放送時間が10時間(2015年・2016年) → 10時間半(2017年)→ 10時間(2018年)となっている。現在は12:00 - 21:48(2017年のみ22:18)(JST)。, 2015年と2016年は、当番組が事実上秋スペシャルの代わりとなっていた。2017年以降は2時間ではあるものの、秋スペシャルも放送されている。, 2019年は『スーパーライブ』と合体した年末特番として、12月27日に11時間を超える生放送が行われた。, 2012年11月30日放送分に、2012年最後のレギュラー放送ということで、ゲストアーティスト(The MONSTERS・EXILE・絢香・コブクロ・AKB48・Mr.Children)の「今年の一枚」、2012年の主な振り返り、歴代シングル売り上げトップ5を紹介。また、2012年12月21日放送の『MUSIC STATION SUPER LIVE 2012』の出演ゲストアーティストも発表した(このLIVEスペシャルの企画は過去にも数回年末に行われていた)。, 2013年3月1日放送分に、超豪華4組のゲストアーティスト(SMAP・嵐・AKB48・Perfume)による『スーパーアイドルスペシャル』をライブ形式にて生放送を行った。また、視聴者が選んだお気に入りのダンスナンバーベスト3も発表した。, 毎年、年末恒例として放送している同ライブが26年目にして史上初めての夏開催となった。2013年7月5日放送分に、17組67人が出演。従来のセットのままだが、従来の観客席には溜まりゲストが座り、観客席をステージ前に移した。ちなみに、この放送で『AKB48第5回選抜総選挙』で1位になった指原莉乃の初センター曲である『恋するフォーチュンクッキー』が初披露された。この曲は枠移動の2019年10月時点で「過去33年間の最多披露曲」となった。, これ以降、年内最初の放送と夏のスペシャルは生放送となり、録画放送での形式は行われなくなった。, 2013年11月29日の18:53 - 21:48(JST)に『55時間テレビ』の一環として、『超豪華アーティストプレミアムライブ』として、3時間に渡って生放送された。番組では「大公開!半世紀のNo.1ソング&スター映像」と題して、当番組放送開始から日本を彩った名曲を紹介するVTRと共にゲストアーティスト達のエピソードが添えられて語られた。また、2013年11月30日にオープンする「EX THEATER ROPPONGI」からゲストアーティスト達によるスペシャルライブを披露した。, 2014年7月25日に『真夏の最強ライブ』と題して、3時間に渡って生放送された。OPはスタジオではなく、六本木ヒルズアリーナで行われた。また、BUMP OF CHICKENが初出演し、自身初の地上波生パフォーマンスを行った。, 2015年10月30日に当番組としては初の『ハロウィンスペシャル』と題して[259]生放送された。メイン司会のタモリ以外の出演者、観客全てがハロウィンの仮装をして登場した。出演者の仮装は以下の通り。, 2019年2月1日の19:00 - 21:48(JST)、「テレビ朝日開局60周年記念特別番組」として3時間に渡って生放送された。ゲストには嵐、THE YELLOW MONKEY、大塚愛、ORANGE RANGE、ZARD坂井泉水&倉木麻衣、GENERATIONS、Superfly、ジャニーズWEST、乃木坂46、秦基博、東京フィルハーモニー交響楽団が登場した[264]。, 2019年7月19日 - 当初はレギュラー放送の予定だったが、10日前に死去したジャニー喜多川の追悼企画を行うため、急遽30分拡大して21時24分までのスペシャル放送となった。, 2020年7月24日の18:30 - 21:48(JST)、“Mステサマーフェス”と銘打ち、3時間半にわたる生放送が行われた。ゲストには嵐、いきものがかり、瑛人、Official髭男dism、GENERATIONS from EXILE TRIBE、SixTONES、Sexy Zone、TUBE、Toshl、乃木坂46、HYDE、ラストアイドルが登場。また、番組内では“つながる企画”が行われた[265][266]。, 中原理恵 - 松井康真1・2 - 生島ヒロシ - 有賀さつき1 - 下平さやか - 武内絵美3 - 堂真理子 - 竹内由恵 - 弘中綾香 - 並木万里菜, 清水克也 - 北村英一 - 藤井智久 - 三倉文宏 - 皇達也 - 平城隆司 - 瀬戸口修 - 武居康仁 - 成田信夫 - 伊東寛晃, ミュージックステーションスーパーライブ - ミュージックステーションウルトラFES, #1090 〜Thousand Dreams〜 - #1090 〜Million Dreams〜, タモリの音楽ステーション - 生放送はとまらない! 白濱亜嵐「あの頃の少年に伝えたいです」過去の自分と家族への想い…パッキャオとの対面に今田耕司も大興奮, キンプリ永瀬廉が動揺!?3年前の中島健人の教え…ホワイトデーで「マカロン」が意味する気持ちは. - アッコにおまかせ! キープスマイリング - トーラスレコード - EMIミュージック・ジャパン - キューティー★マミー - 早見優 (小惑星), 夜はともだち - 4・10月だョ!全員集合 - ムー一族 - わかるかな?ワールドジェスチャー - EXPOスクランブル - ザ・ベストテン - そこが知りたい - 料理天国 - 日本レコード大賞 - 人間ふしぎ不思議 - 笑ってポン! - WHO'S GONNA COME? 嵐(arashi) オフィシャルサイトのトップページ。最新ニュース、cd・dvd・videoのディスコグラフィ、リリース情報、メディア出演情報、ライブ・イベント・ステージ出演情報、プロフィール情報などを掲載。j storm(ジェイストーム)公式サイト。 なるほど日本人 - カルチャーSHOwQ〜21世紀テレビ検定〜 - オジサンズ11 - 塾長・生島ヒロシの定年塾 - おもいッきりDON! https://www.cinra.net/news/20150703-kenyokoyama, ミュージックステーション テレビ朝日 2015年08月07日(金) 20:00〜20:54, http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2058385.html, “アンダーワールド、Mステ初出演でタモリに「ファンタスティック」―OTOTOY Mステ速報”, https://www.cinra.net/news/20160226-underworld, https://www.musicvoice.jp/news/20160507040473/, 宇多田ヒカル:Mステ特番でタモリと対談 休止中にロンドンで「青春っぽい経験をしていた」, “Mステに竹原ピストル初登場!欅坂46のセリフ、『けものフレンズ』主題歌にも注目”, Mステ史上初のYouTuber登場!「HIKAKIN&SEIKIN」、ステージ裏特別動画を配信, “JUJU、『Mステ』でTV初“通訳”!タモリとフランツ・フェルディナンドを繋ぐ”, https://www.sankei.com/entertainments/news/180206/ent1802060007-n1.html, “小沢健二、94年『ラブリー』披露!初登場あいみょんはロック名盤ジャケをバックに歌唱”, “総再生回数43億回!超人気YouTuberユニット、Mステで地上波初パフォーマンス”, “13歳天才ダンサー・TAKERU、大原櫻子とコラボ!自ら考案の振り付けで粋な演出”, チャットモンチーの『Mステ』でのパフォーマンスが清々しくもロックだったことについて, https://www.oricon.co.jp/news/2119719/full/, “本日Mステ卒業の弘中綾香アナ、10時間ウルトラFES開始前に視聴者へ感謝コメント”, BTS(防弾少年団)、11/9放送のMステで「FAKE LOVE -Japanese ver.-」「IDOL」2曲を披露, “Official髭男dism、テレビ朝日系「ミュージックステーション」初出演決定!”, https://music.fanplus.co.jp/news/20181112700bdffc7, “米津玄師、サカナクション山口が絶賛するバンド「King Gnu」がMステ初登場”, https://www.oricon.co.jp/news/2134499/full/, https://www.oricon.co.jp/news/2134503/full/, Mステ:90分拡大版でジャニーさん追悼企画 亀梨、キスマイ、HiHi Jets、美 少年も出演, 『Mステ』90分スペシャルに山寺宏一さんが出演!『アラジン』の劇中歌「フレンド・ライク・ミー」を披露, https://news.mynavi.jp/article/20190809-874332/, https://news.mynavi.jp/article/20190802-870118/, https://news.mynavi.jp/article/20190808-874204/, 矢沢永吉「Mステ」初出演「ちょっとアガった」も圧巻パフォ 雨やんだ!タモリと初対面「初めまして」, タモリ、“令和”ならぬ“九時”緊急発表に反響続々「九時おじさん(笑)」「かわいい!」, “『ミュージックステーション』のロゴが一新!セットもリニューアル<10月18日に3時間SP>”, “スピッツ、King & Princeら出演『Mステ』3時間SP 歌唱楽曲が発表に”, https://news.mynavi.jp/article/20191011-908297/, “『ミュージックステーション』改編後初放送は3時間SP 生リクエスト募る“みんなでつくるMステ”に”, https://realsound.jp/2019/09/post-419598.html, https://news.mynavi.jp/article/20191015-909627/, https://news.radiko.jp/article/station/FMJ/36728/, “椎名林檎は『正しい街』を披露!『Mステ』2時間SP、出演者計11組と楽曲を一挙公開”, “木梨憲武、約9年ぶりに『Mステ』登場!「タモリさんに会える!ご無沙汰なのでうれしいです」”, “11時間超の生放送!『ミュージックステーション ウルトラ SUPER LIVE 2019』開催決定”, 『Mステ』初のトリビュート企画 中島みゆき名曲をAI、竹原ピストル、Toshlが歌う, 出演者ラインアップ GUEST LINEUP (予定) 2020.02.28.FRI PM 9:00, https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12160-576078/, https://news.mynavi.jp/article/20200306-989080/, “GACKT「Mステ」出演に「やっぱりGACKT様の歌ってる姿すばらしい」「安定のかっこよさ」とファン歓喜”, “Mステに岡村靖幸さらにライムスター、HiHi Jets、GACKT、コブクロ、AKBら”, https://www.cinra.net/news/20200313-musicstation, ジェジュン、4月3日放送の「ミュージックステーション 3時間SP」出演を見合わせへ, (2ページ目)ジェジュン「Mステ」出演中止バタバタの舞台ウラ 「コロナ感染」エイプリルフールの大きな代償, ジェジュン、4月3日の「ミュージックステーション 3時間SP」に出演決定!乃木坂46&キスマイらと競演, “「Mステ」生放送 タモリ、並木アナやゲストと“距離”無観客&ひな壇なし ネット心配の声も”, https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-00000178-spnannex-ent, https://www.oricon.co.jp/news/2158808/full/, “4月3日放送「ミュージックステーション」3時間SP、東京事変が8年ぶりのTV出演。スカパラ、三代目 J SOUL BROTHERS、いきものがかり、乃木坂46、Kis-My-Ft2らも登場”, https://tower.jp/article/news/2020/03/30/tg001, “YOSHIKI、LAの自宅からメッセージ送る「止まない雨はない、そして明けない夜はない」”, https://realsound.jp/2020/04/post-540904.html, https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004170000850.html, “本日4月24日放送「ミュージックステーション」、胸がキュンとする恋うたランキングを発表。松岡昌宏(TOKIO)、伊野尾慧(Hey!