宇多田ヒカル2020年サントリー天然水のcmの滝のロケ地の場所はどこ? 宇多田ヒカルのサントリー天然水のcmロケ地. プロの登山ガイドが、宇多田ヒカル出演の2020年4月公開のサントリー天然水のロケ地や装備について考えてみました。植物の植生などからロケ地の全てが日本ではないということが推測できます。最後の空撮映像は木曽駒ケ岳と富士山です。 宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年(昭和58年)1月19日 - )は、日本の女性シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。 本名は宇多田 光(読み同じ) 。 アメリカ合衆国 ニューヨーク出身。 所属芸能事務所はu3music。所属レーベルはエピックレコードジャパン。 Copyright © 2009-2020 登山ガイド 沖本浩一 All Rights Reserved. ラストの雪山は間違いなく甲斐駒ヶ岳ですね。左に鳳凰三山、そしてふじさんがみえます。他の場所は残念ながらわかりませんでした。, そうですね、ラストの山は間違いなく甲斐駒ヶ岳ですね。 奥に富士山が見えるのは愛嬌!! 滝とバックの残雪部分は日本では見たことがない場所ですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 遊井亮子と元彼はストーカー化する?浦川瞬は大丈夫?理由は甘やかし過ぎて居心地がいいから?, 浦川瞬の浮気禁止パンツがヤバい!栗原類が遊井亮子との新婚夫婦生活を占うと2年後4年後に浮気?【アウトデラックス】, 初耳学AI判定美人ランキングの美人妻の画像は?トッキブツ太田とロビンソンズ山崎の妻がかわいい!, 近藤真彦(マッチ)不倫疑惑相手A子のTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタ)から会社特定されるのか?【文春】, 小林麻耶の夫くにみつあきらのYou Tube動画がやばいと噂で何者?宇宙パワー整体師・ヨガ講師・元ダンサー?, 6個二万円のブランデーチョコアイスの通販情報!楽天・Amazon・Yahooでチェック!『ハナタカ】, マッチ(近藤真彦)はA子の名前を口パク?2015年紅白でギンギラギンにさりげなく動画をチェック【文春】. このCMの撮影場所は、 山梨県南アルプス市 にあります。 宇多田ヒカルさんがCM撮影のために 登った山の名前 は、 栗沢山(くりさわやま) いままでこんな記事は書いたりしなかったのですが、この1週間ほどで何人にもCMのロケ地はどこだかわかりますか?って聞かれました(笑)  知りたいという需要は多いのかも?, 確かに、私は普通の人よりは色んな場所に行っています。でも、自然の中のCMのロケ地を当てるのは、簡単じゃないです。ただ、よくCMを見ていたらヒントがないこともないような気がしました。これまでの経験から考えてみましょう。でも、考えれば考えるほど南アルプスじゃなくなってしまう。。。, 宇多田ヒカルが出演してから、注目度がすごく上がったと思います。本人の人気もあるし、楽曲も使われているし、映像がとっても綺麗に撮影&編集されています。, 南アルプス篇のロケ地は栗沢岳とアサヨ峰でした。南アルプスのピークとしては、ぶっちゃけ有名ではありません。登山者も多くはありません。でも、甲斐駒ヶ岳を眺めるなら、おすすめの山です! 正直、きれいなCMだなぁくらいなイメージでしたが、「宇多田ヒカルの山に行きたい!」って相談された時に、CMの影響力の強さを感じました。, 1本目は「南アルプス」篇・2本目は「奥大山」篇と公表されていて、ロケ地が想像できます。, 詩の朗読のシーン 国木田独歩の詩の一節「月光をして汝の逍遙を照らさしめ、山谷の風をしてほしいままに汝を吹かしめよ」と映像が切り替わる中、読み進めます。, 山をやっていない人にはわかりにくいですが、標高の高い大きな山は、季節による環境の変化がものすごく大きいです。夏と冬では全くの別世界になってしまいます。, このCMがYou Tubeに公開されたのは、4月19日です。この時期のアルプスはまだ雪山。時間をかけた丁寧なCMのロケができる時期ではありません。また、コロナの広がりを考えると2月までに撮影されたと考えるべきかと思います。4月に入ってロケに行っていたら、非難されるでしょうしね。, 2016年の9月に公開したCMは台風が近づいている時に行われたとか。2016年で台風ということは8月にロケされた可能性が高いです。, 2017年の6月に公開したCMはカラ類の鳥の囀りと、バックの木々の芽吹き具合から4〜5月に撮影したと想像できます。, ということで、これまではロケから公開まで、それほど時間はかかっていないと思われます。, 南半球で鋭い山で雪があるとすれば、ニュージーランドの南島が当てはまります。森がキレイならオーストラリアのタスマニアなんかもキレイで良かったですが、雪を考えるとやっぱりニュージーランドの南島かと思います。, 私も何回も歩いていますが、大半がフィヨルドランド国立公園やアオラキ/マウントクック国立という場所です。雨が多く緑の濃い場所なので、このCMのロケ場所とかなり雰囲気が違います。なんと言っても、南島はロード・オブ・ザ・リングのロケ地ですからね。私の知らない、いろんな景色あるはずです。, バックの山に目が行きやすいですが、手前の丘のように見える地形に注目します。 標高差1mおきくらいに、いくつもの道のような段が見えますね。これは、家畜が草を食べたりする時に歩く道かと思われます。, 日本は家畜を山に放したりすることは多くないので、見かけることが少ない地形ですが、海外の山では比較的よく見かけます。, 例えばネパール エベレスト街道のトレッキングの景色ですが、左の斜面に同じような網の目状の家畜の道があるのがわかりますか?ちなみに真ん中の奥の山がエベレストです。, 私がよく言う言葉に「海外の山だから自然が豊かということはないよ」というのがあります。スイスなどのヨーロッパでは氷河の真下まで放牧地だったりします。日本で考えれば、涸沢カールの中まで牛がいるようなもんかもしれません。このネパールの写真も標高は富士山くらいです。, そして、バックの山を見てみましょう 雪の残り方も日本の山としては、私には見覚えがありません。雪の残っている場所と地形を考えると、残雪ですね。新しく降った雪ではなさそうです。, さらに岩の質感に注目してみます。 つるっとした岩壁が多いように思います。風化による侵食というよりは、氷河による侵食の特徴です。, 日本中、世界中いろいろな場所を歩いてきて思うことは、これは日本の環境&植生ではないのでは?, まず、下の灌木です。はっきりとした画像ではないので断定はできませんが、見えている範囲は全て同じ種類の木に思えます。降水量が多く、植生が豊かな日本の自然ではこのような特定の植物だけの環境にはまずなりません。いろいろな種類の植物が現れるはずです。そして樹木の背も高くなる。, この写真もそうです。草原が広がっているように見えます。日本であれば、自然状態でこのような背の低い植物だけ広がるということは考えにくいです。, 左上を拡大してみると、草の斜面に段々が見えます。 やはり家畜の歩いた跡かと。家畜が草を食べる海外では、よく見る景色ですからね。北海道とかの大きな牧場でなら撮れるかもしれませんが。, 日本には多くの滝があります。有名じゃなくてもスケール&標高差のある滝はいっぱいです。沢登りをすると出会えます。でも、殆どの場合で日本の滝は落差はあっても谷が狭い事が多いです。こんな滝壺の広がりを持つということは、川の下流域になると思います。日本だとすると、このサイズの川幅で知られていない滝を見つけてロケするのは大変でしょうね。, まずこの「水しぶきが凄くて ほぼずぶ濡れ」「滝がきれいで気持ちよかった」というコメント, 日本で2月〜3月にロケをしていたら、言えるセリフではないですよね。本人は撮影用としても、周囲のスタッフは手袋くらいするでしょう。 寒くて凍えます。きっと笑えない!, ただ、後ろの樹木に葉っぱが付いていないですよね。これがちょっとおかしいなぁと。日本の冬っぽい感じ。 もしかしたら、上の山の映像と滝では撮っている場所や時期が違うのかな??, 森林限界クラスの植生エリアを通過する自動車道は日本には殆どありません。 と思ったものの、どこでロケをしていたかは分かりません。すいません。, すぐに分かりました。アライテントのエアライズかと。短辺にある出入り口、カラー、ベンチレーターの位置などで推測できます。, ヘリノックスのチェアワンとノルディスクのコラボモデルじゃないかと思います。色と形は問題ないと思います。ただ、サイドの形が普通のヘリノックスと少し違うような気も。私はチェアゼロを山に持っていきます。, 左に富士山、正面に甲斐駒ヶ岳。日本です。 そして、ロケをしていたであろう時期にふさわしい積雪ですね。山が白いですから。, 今はコロナで、ガイドの仕事ができないのでこういった記事を書くことができました。のんびり生活をしていると頭の回転が悪くなる気がします。頭の体操みたいで楽しかったです。外れてても、クレーム送らないでください(笑), きっと本人出演のシーンは日本じゃありません。滝も日本じゃないと思うけど、日本だったら嬉しい(笑) 山の空撮は南アルプスの甲斐駒ヶ岳と富士山で間違いないです。, 天然水のCMだから日本で全部ロケして欲しいと思うのは自分だけ? ロケがほぼ海外だとしたら、輸入天然水をこのブランドで販売する計画でもあるのかな?, 10代から90代まで幅広い顧客に、登山やアウトドアを案内。日本百名山はもちろん、海外経験も50ヵ国、140回を越える。地理学を専攻していたので、地図や自然にも詳しい。登山専門旅行会社の元大阪支店長。山のガイドだけではなく、登山旅行のプランニングも得意。詳しいプロフィール.