近親者が亡くなったとき、自分が喪中に入るのかどうかと悩んだり迷ったりした経験はありませんか? 近しい人がなくなるという経験は、誰にとってもあまり頻繁に訪れることのない出来事のため、はっきりと喪中になるのがどこまでの関係の血縁者なのかを考える機会も少ないのではないでしょうか。 いざというとき、自分が喪中になるのかどうか、亡くなった故人からみてどこまでが喪中の範囲の人なのか、改めて誰かに聞く … 婚姻によって親族になった者どうし。夫からみて妻方の父母兄弟など。民法では、三親等内の姻族を親族とする。姻戚。, もしもお葬式を欠席しなければならない場合は、喪主に対して欠席の細かい理由は説明せずに, 【クロネコDM便なら送料無料・ネコポスなら送料100円】お葬式用・法事用の不祝儀袋・のし袋・金封 代書代筆筆耕無料で承ります!4-2香典袋【RCP】, 自分が参列できない場合は、誰かに預けて渡してもらうというカタチでも大丈夫です。現金書留で郵送でも構いません。, 金額は年齢や関係性によって違いますが、1万円から10万円くらいになっています。(このとき4や9など死を連想させる額は避けます), 「供花」は、主催となっている葬儀屋さんに連絡すれば、お花を送る手続きをする事ができます。, このように、本当は参列すべき親族であるにも関わらず、どうしても参列出来ない時は、マナーに従って、お悔やみの気持ちを伝えます!, 「故人とあんまり深い交流がない」などの理由があろうとも一般常識的には、「6親等以内の血族」・「3親等以内の姻族」といった親族関係としての近さが参列するかどうかに関わってきます。, お通夜だけでも行けるなら参列して、告別式には参列出来ない事をお詫びするようにしたら良いみたいですよ!, ちなみに私は、大叔父さんのお葬式には、なんとか仕事の都合をつけ、出席する事ができました!, 今回、欠席する際の香典や供花のマナーも調べましたので、もし欠席となった場合でも常識的な対応ができそうです!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 私がもともと知っている知識や生活の中で浮かんだ小さな疑問を調べて、どんどん記事にしていきます。. どこまでがお葬式に参列すべき親族か分かりましたでしょうか? 「故人とあんまり深い交流がない」などの理由があろうとも一般常識的には、「6親等以内の血族」・「3親等以内の姻族」といった親族関係としての近さが参列するかどうかに関わってきます。 喪中に避けるべきことはいくつか挙げられますが、そのうちの1つが年賀状です。年賀状にはおめでたい意味があるため、故人の喪に服す喪中の間は避けるべきですが、どこまで出さないのか決まっているのはご存じでしょうか。喪中に年賀状をどこまで出さないかについて見ていきます。 経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。 旦那の親戚は嫁の立場からすると、義理の家族。 でも、どこまでの付き合いがあり、葬儀になると参列するべき範囲がわからず本当に困るもの。 そこで今回は、旦那の親戚の葬式について(つまり義親戚) 参列の範囲 例外 嫁がやること などを解説したいと思います。 私も幼い時に一度会っただけの大叔父さんのお葬式と、大切な仕事が重なってしまい、とても慌てたことがあります。, という事で今回は、葬式の親族がどこまでが範囲になるのか、「出席するorしない」の判断の線引きはどうしたら良いのか、を色々調べてまとめてみましたよ!, ひとくくりに「親族」と言っても、どこまでがお葬式に参列すべき「親族」なのか、気になりますね?, 「6親等以内の血族」と「3親等以内の姻族」とは、それぞれ自分から見た場合にどれだけ近い関係にあるのか、数字で示したものです。, しん‐とう【親等】 の意味 親族関係の遠近を表す単位。直系親では世数により、傍系親ではその共同の始祖までの世数を合計して定める。親子は一親等、祖父母・兄弟・孫は二親等、おじ・おばは三親等など。, いん‐ぞく【姻族】 の意味 あわせてご覧ください。, 喪中の場合にお中元を贈るべきかどうか悩むことはありませんか?お祝い事などを控える喪中には普段とは異なるマナーがあるものです。お中元をどうするか、また、送り状やお礼状の書き方、のし紙のかけ方、喪中と忌中との違いについても解説します。どうぞ最後までお読みください。, 喪中の挨拶にはいくつかマナーがあります。喪中を知らせる時や喪中の知らせを受け取った時にはどのような対応をするのが正しいマナーなのでしょうか?喪中はがきの書き方から、メールやLINEでの挨拶の仕方まで詳しく解説します。, 知人が亡くなれば、当然のように葬儀に出席します。しかし、喪中である場合は普通に出席しても問題ないのでしょうか。この記事では喪中に他の人の葬儀に出席しても大丈夫なのかを、忌中での出席は大丈夫なのかと併せて解説していきます。, 厄年に喪中になると、いつ厄払いに行けば良いのか多くの人が悩みます。親しい人が亡くなって忌中の間は神社へはいけません。しかし、神社では喪中の間はダメなのでしょうか?実際に喪中の厄払いはできるのか解説していきます。, 正月にやり取りする年賀状ですが、喪中の場合は喪中見舞いを送るのが一般的です。喪中見舞いはハガキのほかにも贈り物を送ることもあります。今回は喪中見舞いを送る際のマナーや品物などについて、いろいろと見ていきましょう。, 年賀状は日本では新年を祝う大切な行事の一つです。しかし、喪に服す期間である喪中の際の年賀状の対応はどのようにおこなったらよいのでしょうか。今回は喪中の年賀状のマナーについて、喪中はがきや寒中見舞いと共に解説します。, 親族が亡くなった場合の喪中の範囲はどこまでなのでしょうか。一般的に喪に服す親族の親等、喪中の期間、喪中における行動の仕方、離婚している場合はどうするかなど、喪中の範囲を知っておくことは、実際の場面において役立つ知識となります。どうぞ最後までお読みください。, 喪中といえば、年賀状や新年の挨拶などを控えているイメージがありますよね。しかし、クリスマスカードはどうなのでしょうか?今回は、喪中にクリスマスカードを送ることについてと、外国の喪中の文化についても詳しくご説明していきたいと思います。, 喪中といえばやってはいけないとされることがたくさんあります。初詣もその1つですが、人によっては初詣しても問題ないという方もいます。果たして喪中に初詣をすることは問題がないのでしょうか。お守りの処分や厄払いとともに見ていきます。, 正月は日本人にとって1年の中でも大変楽しい時期です。家族が勢ぞろいで新しい年を迎えておせちを食べるでしょう。しかし喪中の場合は正月の過ごし方に注意する必要があります。今回は喪中の正月の過ごし方を見ていきましょう。, 葬儀を執り行う際に気になるのが費用について、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、内訳、葬儀の費用を抑える方法など、よくある疑問を中心に葬儀の費用について、様々な情報をご紹介します。, 家族葬の費用は一体どれくらいなのでしょうか?また、一般葬とはどれぐらい費用が異なるのでしょうか?家族葬と一般葬を比較しつつ、家族葬の内訳やさらに金額を抑えたい時の方法など、家族葬の費用に関する様々な情報を紹介します!, これまで一般に行われてきた葬儀は、お通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし近年、式を行わずに火葬だけをする直葬が注目されています。直葬には普通の葬儀よりも費用を抑えることができるメリットがあります。では直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?, 親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!, 時代の変化にともない家族葬など葬儀の形も変化しつつあります。そのなかで今後も受け継がれていくと思われるのが葬儀でのさまざまなマナーです。今回は葬儀のマナーの全般についてご説明いたします。服装・挨拶・ご香典など葬儀を考えるときに役に立つ、葬儀のマナーの情報です。, 配偶者の両親は血のつながりがなくても、子供と同じように1親等という位置付けになります, 3親等であっても、ごく近しい関係性で普段から交流する機会が多い場合には、故人の死を悼みしのぶ思いを込めて喪に服すという考え方もあります, 2親等は続柄としては喪中の期間を設ける関係性となりますが、それぞれの関わりの深さと考え方によって、喪中の期間が大きく異なるでしょう. でも、どこまでの付き合いがあり、葬儀になると参列するべき範囲がわからず本当に困るもの。, 親戚付き合いはそれぞれの家庭によって違うので、判断は難しいところですが、義父母や夫に, 「参列するつもりでいますが、私は行ったほうがいいのか、行かない方がいいのかを教えてください。」, とくに、小さな子供がいるとじっとしていられず、逆に行くことが迷惑になることもありますからね。, 最近は葬儀場で葬式をやることが増えたため、基本葬儀場スタッフが色々やってくれますが、義母に手伝えることはないかと相談しつつ、裏方としてやれることをやると喜ばれます。, 実際私は、曽祖母の葬式に義父母も参列しなかったため行きませんでしたし、逆に関係性は遠かったものの、結婚式にも来てくださった義兄嫁の父の葬儀には参列したという経験があります。, 結婚して親戚付き合いも増えるのはわかってるんだけど、結婚式は招待状がくるからわかるものの、お葬式って旦那の親戚はどこまで参列する必要があるのかしら?, 両親・祖父母・兄弟・姉妹・曽祖父母・叔伯父母・甥姪など、近い親戚の葬儀は参列すべき, 義父母も参列しない・義父母から行かなくていいといわれた・夫が行かなくていいという場合のほか、遠方で都合がつかない時・子供が小さい場合・体調不良な時・妊娠中などは例外, 受付・お茶出し・片付け・親戚への挨拶・子供の相手など、やるべきことは義母に相談しつつ動く. また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。 近しい人が亡くなり、自分は喪中の範囲に入るか悩んだ経験はありませんか?喪中の範囲はどこまでなのか、自分が喪中になるか悩むような微妙な血縁関係の場合はどうしたらよいのでしょう。そこで今回はどこまでが喪中になるのか、喪中の範囲についてご紹介します。, 近親者が亡くなったとき、自分が喪中に入るのかどうかと悩んだり迷ったりした経験はありませんか?近しい人がなくなるという経験は、誰にとってもあまり頻繁に訪れることのない出来事のため、はっきりと喪中になるのがどこまでの関係の血縁者なのかを考える機会も少ないのではないでしょうか。いざというとき、自分が喪中になるのかどうか、亡くなった故人からみてどこまでが喪中の範囲の人なのか、改めて誰かに聞くこともできませんよね。今回「終活ねっと」では喪中の範囲はどこまでなのかについて、以下のような項目を中心に解説していきます。, 喪中の範囲は普段誰かに聞くわけにもいかないけれど、あまりはっきりと知る機会もないものです。そのため、もしもの時の慌てないように覚えておいてくださいね。親族の関係性と喪中の期間の違いについても詳しくご紹介していますので、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。, まずは多くの人があいまいな概念で覚えていることが多い、喪中の範囲はどこまでかという点について見ていきましょう。喪中は親族が亡くなったときに喪に服し故人を偲ぶ期間として設けられていますが、実はどこまでかは血縁関係によって異なってきます。亡くなった人と自分とが、どれだけ近しい血縁関係だったかによって以下のように分類されます。, 亡くなった人から考えて、近親者の場合にはもちろん喪中となります。まず、確実に喪中になる血縁者は亡くなった人から見て下記のような1親等です。, 2親等としての血縁関係には、まず祖父母が入っています。つまり祖父母は2親等となるため、祖父母が亡くなった場合には喪中という事になります。さらに2親等として喪中になる血縁者としては兄弟姉妹、孫がいます。, では自分から見て、叔父や叔母が亡くなった場合にはどうなるのでしょうか。親の兄弟姉妹である叔父や叔母のときには喪中になるのかどうか、血縁関係と親等から考えてみます。叔父や叔母と一緒に同居していたり、近くに住んでいて幼いころからよく面倒を見てもらったという人も多いでしょう。近くに感じる存在である叔父や叔母を、まるで家族同然のように考えている人も少なくありません。しかしながら、実は血縁関係による親等からみると、叔父や叔母は3親等に位置することになります。3親等といえば、喪中の範囲には入らないという事になり、一般的には喪中という期間を設ける必要がありません。, では結婚していた場合、配偶者の家族はどうなるのでしょうか。住んでいる場所が遠いと、夫や嫁の家族に会う機会が少なく、あまり近しい人と感じないこともあるでしょう。配偶者の両親は血のつながりがなくても、子供と同じように1親等という位置付けになります。近くに住んでいて深いつながりがあれば亡くなって喪に服すのも当然です。ですが、遠くに住んでいて普段まったく交流する機会がない場合でも、配偶者の両親の場合には1親等として喪中になるのです。そして、自分の祖父母や兄弟が2親等となるように、配偶者の祖父母や兄弟も2親等として扱われることになります。中には、結婚してから一度も会ったことがない配偶者の祖父母や兄弟という場合でも、亡くなったので喪中になるというケースもあります。, 一般的にどこまでが喪中になるかという点では、だいたい2親等までは喪中になるという認識になっていますが、喪中の範囲は人によって異なると言えるでしょう。3親等であっても、ごく近しい関係性で普段から交流する機会が多い場合には、故人の死を悼みしのぶ思いを込めて喪に服すという考え方もあります。またあまりにも関りが薄く全く見ず知らずの人と同然だったり、絶縁関係にあるような2親等であれば、亡くなっても喪に服さず喪中はがきなどを出さないという場合もあります。, ではここで、喪中の場合に出す喪中はがきの範囲はどこまでかについてもご覧いただきましょう。近親者の場合、喪中の期間がおよそ1年であることが多いため、必ず喪中はがきを出すという時期が来ることになります。喪中はがきとは、いったいどの範囲まで出すのが妥当なのか、そしてどういった点に注意して送付すればよいのかについても考えてみましょう。, 喪中範囲をどこまで出せばよいのかについては、あまり悩む必要がないと言えます。年賀状をやり取りしている全員に出せばよいでしょう。あくまでも、年賀状をもらったとしても新年のあいさつができないため、先方が年賀状を出す手間を省くことができるように出すからです。また、年賀状が届いたとしてもお返事をしたり、お祝いの言葉やお礼の気持ちに応えることができないため、もらいっぱなしという失礼な形になってしまう事を避けるという意味もあります。このような事から、相手がせっかく年賀状を出したのに、もらっただけでしらん顔をしてしまうという状況を作り出さないため、年賀状のやり取りをしている人全員にはしっかりと喪中はがきを出すようにしましょう。, 喪中という事を知っている人であれば、気を利かせて年賀状の送付をしないという人も多いものです。では、喪中だと知っている人に対する喪中はがきは、出す必要がないのでしょうか。実は喪中はがきは、喪中を知らせるために出すものではありません。多くの人が、喪中はがきは先方に喪中だという事を知らせるためだけのはがきだと考えているようですが、喪中はがきはそれだけの意味ではないのです。喪中はがきの本来の意味、それは近親者がなくなり喪に服している期間のため、新年の喜びの挨拶を控えるということです。先方がおめでたい挨拶をしてくれるのに、それに応えることができないため、あらかじめ新年を祝う喜びの挨拶をご遠慮するという意味なのです。そのため、喪中を知っている人に対しても、「喪中です」という知らせではなく、新年の挨拶をご遠慮しますという意味で出します。, 喪中はがきを送付する際には、いくつかの注意点があります。先方に失礼のないよう、そしてしっかりとこちらの意志が伝わるように、以下のような注意点に配慮して送るようにしましょう。, では、喪中の期間はどれくらいが妥当なのでしょうか。実は喪中期間は、続柄によって一般的に設定されている期間が異なります。, 1親等であれば、およそ1年が喪中期間となります。2親等となると、3か月~1年と喪中の期間も考え方や生前の関係性によって異なってくるでしょう。, 同居していなくても、よっぽどのことがなければ1親等は1年くらいの喪中となります。しかし、2親等は続柄としては喪中の期間を設ける関係性となりますが、それぞれの関わりの深さと考え方によって、喪中の期間が大きく異なるでしょう。例えば2親等であっても配偶者の方の祖父母で一度も会ったことがなかったり、あまりにも遠くに住んでいてほとんど関わることがなかった孫の配偶者などの場合、喪中の期間を数カ月に短縮したり、喪中という期間を設けなかったりという事もあります。逆に3親等であったとしても、同居してずっといっしょに暮らしてきた曾祖父母や伯父伯母などが亡くなった場合には、喪中期間を設けるというケースも少なくありません。, いかがでしたか?今回「終活ねっと」では喪中の範囲はどこまでなのかついて以下のような項目を中心に解説してきました。, 喪中の範囲がどこまでという事と喪中になる期間には、続柄が深く関係していて、さらにそれぞれの関係性や考え方も影響しているのですね。いざというときに自分が喪中になるかどうか、大切な人や近しい人が亡くなったときに慌てることのないように、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。「終活ねっと」ではその他にも喪中はがきの書き方や考え方などの記事も多数掲載しています。以下の記事では喪中に控えることについて解説しています。ぜひそちらもご覧ください。最後までお読みいただきありがとうございました。, 昔から続くしきたりや風習にはどんなことにも意味があります。喪中期間ではいくつかの行動は控えることが一般的ですが、具体的にはどんな行動を指すのでしょうか。この記事では喪中に控えることについて、控えることへの疑問も合わせて解説します。ぜひお読みください。, 安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。