この記事では、ロードバイクやクロスバイクなどのヘッドパーツ(コラム部分・ベアリング部分)のカンタンな分解方法とメンテナンス方法を解説します。, 現行のスポーツサイクルのほとんどが、「アヘッド」と呼ばれるタイプのヘッド規格を採用しています。アヘッド方式の中にもいくつか種類がありますが、多くのロードバイクやクロスバイクでは、軽量な「インテグラルヘッド」と呼ばれるヘッドパーツ方式を採用しています。, インテグラルヘッドはヘッド部の剛性を確保し、さらに軽量化というメリットと外観の向上を目的として開発されたものです。インテグラルヘッドはヘッドチューブ径を大きくし、更にその中に大口径リテーナーを埋め込みアヘッド方式で取り付けを行うものの総称です。, ヘッドチューブの上下にベアリングが組付けられており、それらを連結するためにフォークコラム内部にプレッシャーアンカーがはめ込まれ、ステム、トップキャップの上からコラムを引っ張り上げています。これらの、ヘッドチューブ周りを連結するために使用するパーツ類を、一般的に「ヘッドパーツ」と呼びます。, 中に玉(ベアリングボール)が入っており、フレームとフォークコラムとの連結部分にはめ込むことで、ハンドリングのスムーズな動きを可能にしています。ベアリングのメンテナンスを長期間怠ると、故障や性能低下の原因となり、ハンドルが左右にスムーズに動かなくなります。, フォークコラムの内部に挿入されているパーツです。上のネジを締めると、プレッシャーアンカー下部の傘状に広がった部分が押し上がることで外側に力がかかり、フォークコラム内部にガッチリと固定されます。この時のネジの締めが甘いと、組み付けた後にガタツキが生じてしまいます。, 逆にあまりにも強く締めすぎると、カーボンファイバー製のコラムの場合、割れる危険があります。カーボンコラムの場合の推奨トルクは一般的に4Nm〜6Nmとなっています。事前に、あなたのメーカーが推奨しているトルクをご確認ください。, ヘッドパーツの中で一番最後に組み付けられている(分解する場合は最初に外す)のがトップキャップです。トップキャップはステムの上から被せるように取り付けられており、穴に通したボルトはプレッシャーアンカーにねじ込まれます。フォーク全体を引き上げて連結するために重要なパーツです。, トップキャップのネジをいくらしっかり締めてもガタつく場合は、プレッシャーアンカーの締りが足りていない可能性が大きいです。, ヘッドパーツの仕組みと働きがわかりましたでしょうか?それでは、まずはヘッドパーツを分解するところまで手順を追って説明していきます。, このあとフォークを引き抜く際に、キャリパーブレーキのケーブルが邪魔をする場合があります。あらかじめブレーキキャリパーをフォークから外しておくと作業が楽です。5mmの六角レンチを使用します。, ステムのボルトを緩め(完全に外す必要はありません)外します。もしハンドルごと外すのが難しい場合、予めステムからハンドルバーを外しておく必要があります。, 順番はやりやすい順で構いませんが、これらのパーツを外していきます。プレッシャーアンカーを外す際には3mmの六角レンチを必要とします。, 多くのインテグラルヘッドの場合、ベアリングは単に押し込まれているだけなので手で簡単に外すことが可能です。グリースがついているので、手を汚さないようにゴム手袋等を使うのも良いでしょう。また、ベアリングの上にカバーが付いている場合もあります。, 分解ができたら、いよいよ清掃とグリスアップを行います。ベアリングのシールドを外してさらに分解することもできますが、よほどベアリングに問題がある場合で、メンテナンス経験のある方意外は分解しない方が無難です。, クリーニングする際にパーツクリーナーを使用する場合もあるかと思いますが、種類によってはパーツを痛めて劣化を早めたり必要以上にグリースを分解してしまう恐れがあります。よほどひどい汚れでなければ、パーツクリーナーを使用せずウエスで拭き取るのがおすすめです。, 無事にグリスアップができたら、分解したのと逆順に組み付けていきます。特に難しいポイントは無いので、組み上げ手順については割愛させていただきます。, ここまで、ヘッドパーツのグリスアップ手順を簡単に紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。ベアリング自体を分解しようとするとまた別ですが、大まかに分解して清掃する程度であれば自分で簡単に行えますので、是非チャレンジしてみてください。, 特に問題が発生していない場合でも、定期的にメンテナンスを行うことでボルトの緩みやグリースの劣化を改善し、結果的にライド体験の向上や安全性の向上に繋がります。また、セルフメンテナンスをすることで、自転車に対する愛着や、さらなる興味にも繋がるのではないでしょうか。, 自転車大好きなフリーランスデザイナー/Webライター。平日の昼から千葉・幕張付近を爆走していることで知られる。, カーボンとアルミ、クロモリの決定的な違いを解説【ロードバイク素材のメリットとデメリット】, ロードバイクのおすすめガラスコーティング剤レビュー!完全硬化型で安い!使い方についても, ロードバイクとピストバイクで、互換性のあるパーツとないパーツ【パーツ賢く流用しよう!】, 【完全版】ロードバイクメーカー(ブランド)一覧とランキング|イメージや特徴、歴史まで。, 2020年の最高な軽量ロードバイク|レース対応のヒルクライム向きおすすめバイク7選, 中華カーボンホイールが素晴らしい。半年以上使い続けた私のインプレ/レビューとおすすめの理由. マウンテンバイクの祖、ゲーリー・フィッシャー氏が作ったサイズのため、フィッシャーサイズとも呼ばれます。現在は生産されていないサイズです。調整には40mmのスパナが必要です。, マウンテンバイクブームと共に、登場した規格です。 「ノーマル」はヘッドパーツによってフロントフォークを固定・玉当たり調整する構造ですが「アヘッド」「セミインテグラル」「インテグラル」はフォークコラム外部にはネジ山がなく、フォーク内部にスターファングルナット等で雌ネジを設けてステム上部からキャップとともに雄ネジで締め付けることで固定と玉当たり調整を行います。玉当たり調整に32ミリや36ミリといった大きなスパナが必要なく、アーレンキーのみで調整が可能です。主に4つの規格があります。, ノーマルサイズ-JIS フロントフォークは1-1/4インチ(コラム径31.8mm)、クラウンレース外径33.0mmが適合します。, ワンポイントファイブ 画像の【1.ヘッドチューブ内径】が34.0mm【2.クラウンレース外径】が30.0mm トップチューブ内径とフロントフォークコラム外径にはそれぞれ適合するサイズを選ぶ必要があります。, 自転車用品、サイクルパーツの通販ごっつプライス Copyright (C) Gottsu Co., Ltd. All rights reserved.ごっつ株式会社. この記事では、ロードバイクやクロスバイクなどのヘッドパーツ(コラム部分・ベアリング部分)のカンタンな分解方法とメンテナンス方法を解説します。ヘッドパーツの仕組みをカンタンにおさらい現行のスポーツサイクルのほとんどが、「アヘッド」と呼ばれるタ インテグラルも、使用されるベアリング形状によってフレーム側の形状が異なっおり、各社での製品のラインナップが幅広く存在し、また改廃もあり、互換性を把握することが非常に難しい規格です。 購入時は、各メーカーのホームページやカタログ、日本の工具メーカーHOZAN のホームページなどでご確認することをおすすめします。, HOZANではロープロファイルもインテグラルの一つとして区分けしていますので、ご注意ください。, ノーマルやアヘッドのようにカップをヘッドチューブに圧入しますが、ベアリング部がヘッドチューブ内に収まる設計であるため、見映えはインテグラルに似ています。 画像の【1.ヘッドチューブ内径】が30.0mm【2.クラウンレース外径】が27.0mm 必要な工具は六角レンチ(アーレンキー)くらいで特別な工具は必要ありません。. フロントフォークの取り外し. 下の画像の【1.ヘッドチューブ内径】が49.6mm【2.クラウンレース外径】が39.8mm 現在はママチャリやピストバイクに採用されている規格です。 調整には、32mmのスパナが必要です。, オーバーサイズ (1)フロントのベアリングの交換は走行距離にしてどのくらいでしょうか?(2)走行中にどのような症状がでると交換時期なのでしょうか?(3)交換しないで放置すると、最後の方はどうなってしまうのでしょうか?(4)ショップで交換するとどのく 購入時は、各メーカーのホームページやカタログ、日本の工具メーカーHOZAN のホームページなどでご確認することをおすすめします。, ロープロファイルと異なる点は、ヘッドチューブ側にベアリングの受けが位置していて、ヘッドパーツを圧入する必要がないところです。 画像の【1.ヘッドチューブ内径】が37.0mm【2.クラウンレース外径】が33.0mm まずはブレーキワイヤーを固定部分から取り外して、 ワイヤーとブレーキを切り離します 。 写真は車種専用vブレーキですが、キャリパーブレーキでも同様です。 フロントフォークの取り外し. 画像の【1.ヘッドチューブ内径】が34.0mm【2.クラウンレース外径】が30.0mm 取り付け方法については「ノーマル」「アヘッド」「ロープロファイル」はヘッドチューブの上下にワンと呼ばれる受けを専用工具によって圧入する方式となっています。 ヘッドパーツの交換方法はどのようにするのでしょうか。ヘッドパーツの種類や交換することによる効果、交換に必要な専用工具などをご紹介します。また、ヘッドパーツの取り外し方や取り付け方、交換時に注意する点についても解説していきます。 「インテグラル」はトップチューブ形状がベアリングの受けとなっており、圧入の必要がありません。ベアリングは手で装着します。, 従来からの規格で、スポーツ車などでは採用されることが少なくなりました、現在は軽快車(ママチャリ)やピストバイクに多く採用されている規格です。主に4つの規格があります。, ノーマルサイズ--ISO(イングリッシュ/イタリアン)