2012年にフルモデルチェンジした、小型のクロスオーバーSUV(5ドア)です。, 先代フォレスターのSUVテイスト溢れるコンセプトをそのまま継承。さらに塊感のあるカチッとしたスタイリングへと生まれ変わっています。, トランスミッションは、CVTと6速MTの二種。CVT化を強く推し進めるスバルラインナップの中にあって、WRXとBRZについでMTを採用する希少なカタログモデルとなっています。, 搭載されるエンジンは2.0L自然吸気エンジンと同ターボエンジン。ターボエンジンに組み合わされるCVTは、ハイパワーに合わせて強化されたパーツが使われています。, 2015年にはマイナーチェンジが実施され、内外装の小改良とともに足回りやエンジンの熟成、および安全性能向上などが行われています。, 全長4595mmX全幅1795mmX全高1715mmのボディサイズを持ち、ホイールベースは2640mmとなります。, 先代フォレスターの重厚感あふれるSUVテイストをそのまま継承。さらに進化させた力強いスタイリング。, ぶ厚いフロントノーズに大型ヘキサゴングリル。メカニカルな形状のヘッドライト。ダイナミックなデザインのXT専用フロントバンパーが組み合わされ、迫力のあるフロントフェイスを構成しています。, リフトアップされた力強いボディサイドに18インチ大径アルミホイール。立ち気味に設計された前後ピラー(柱)が相まって、SUVらしいドッシリ感と頑丈さを表現。, がっしりとしたリアエンドにメカニカルな八角形のリアウィンドウ。二本出しされたエキゾーストパイプフィニッシャーによって、重厚感あふれる端正な後ろ姿を形づくっています。, 室内のデザインは基本的にインプレッサ系と共通。シンプルに整理された機能的デザインです。, 前席は、合成皮革とファブリックのコンビシート。オプションで本革シートも選択できます。, クッションにはしっかりとしたコシがあり、中距離(30km)程度であれば快適な移動が可能です。, 後席は、頭上、足元ともに十分なスペースがあり、大人二人で座っても窮屈感はありません。, マイナーチェンジによって遮音性能が向上しており、ちょっとしたプレミアムSUVの域に達しつつあります。ロードノイズ、風切音ともによく抑えられています。, 1998cc・水平対向4気筒DOHCターボエンジンに、CVT(無段変速機)が組み合わされます。 最大のトピックと言えば1.8Lターボ車が追加になったことです... スバルのミドルサイズSUVであるフォレスターもいよいよ来年にはフルモデルチェンジを迎えることになります。 【試乗動画】スバル新型フォレスター試乗、e-BOXER搭載のアドバンスの走りはいかに!? 40代 男性のフォレスター(5aa-ske)についての口コミ 三重県津市 在住/未婚 "単身者" 5段階評価 ・外装 :4点 ・内装 :4点 ・走行性能:4点 ・乗り心地:4点 ・取り回し:4点 ・経済性 :3点 ・積載量 :5点 ・総合 :4点. トヨタ 3代目エスティマの4つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめのグレードはこれだ!! ?新型フォレスター X-BREAKのメーターの実車画像インプレ. ?】, そんな5代目新型フォレスター(Forester)と先代モデルの内装・インテリアは、それぞれどのようなデザインになっていたのか?また、先代モデルと比較して、5代目モデルの内装は、どこが変わったのか?, 5代目モデルと4代目モデルの内装・インテリアの4つの違いを、実車画像を使って、紹介したいと思います。, 2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。, 今回新発売された新型モデルはキープコンセプトとなっている事もあり、やはり2台のモデルの内装・インテリアは似ていますね。, インパネ中央上部に備え付けられたマルチファンクションディスプレイやダイヤル式になっている空調パネルなど、基本的なデザインに大きな違いはありませんでした。, ただ、実際にこの2台の内装・インテリアを見比べてみると、次のような違いがありました。, 今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)と先代モデルの内装・インテリアを比較して大きな違いを感じたのは、デザイン性です。, どちらのモデルの内装・インテリアもシンプル&スポーティーでスバルさしいデザインになっていましす。, しかし、今回新発売された新型モデルは、ダッシュボードやセンターコンソール部分にシルバーの加飾を採用。, そんな5代目モデルの内装・インテリアを確認してみて、特に良いと思った装備の一つが、シフトレバーです。, 今回新発売された新型モデルでは、光沢感のあるピアノブラック調の素材をシフトレバーのノブ部分に採用しており、先代モデルよりも高級感のあるデザインになっていました。, また、ナビなどが装着されているセンタークラスター部分にボリューム感を持たせたデザインになっているのも注目ポイントの一つです。, 先代モデルのインパネは全体的にのっぺりとしていて、物足りなさを感じるデザインになっていたのですが、今回新発売された新型モデルの内装・インテリアは、立体感のあるデザインに…。, フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の内装・インパネは、ワンランク上のと使い勝手の良さを兼ね備えた満足度の高いデザインになっているように感じました。, また、今回デビューをした新型フォレスター(Forester)と先代モデルでは、メーター&マルチファンクションディスプレイのデザインにも違いがありました。, どちらのモデルも大きなサイズのスピードメーターとタコメーターを採用している2眼式のメーターを採用。, ただ、今回新発売された5代目モデルでは、シルバーの加飾がなくなり、スッキリとしたデザインに…。また、タコメーターとスピードメーターの間に備わっているマルチファンクションディスプレイの画面サイズが大きくなり、視認性が良くなっているのも好印象でした。, また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は先代モデルと同様にマルチファンクションディスプレイが用意されているのですが、若干の違いが…, どちらのモデルもインパネ中央の上段にマルチファンクションディスプレイを搭載しているのは、共通となっていますが、今回新発売された新型モデルの方が画面サイズが大きくなっています。, また、5代目モデルでは、表示項目が増えた事もあり、ディスプレイのグラフィックがキレイになっている感じが…。, 先代モデルでは、マルチファンクションディスプレイの画面サイズが小さく、運転席から確すると、「ちょっと遠いな。」と感じていました。しかし、この新型モデルでは、ディスプレイサイズが大きくなり視認性が良くなっていたのが、好印象でした。, また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、メーカーオプションで”アイサイト セーフティプラス(視界拡張)”を用意。目視では確認できない範囲の前方視界を、このマルチファンクションディスプレイに映し出せるようになっていたのも、注目ポイントの一つだと思いました。, また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)と先代モデルの内装・インテリアを見比べてみて、大きな違いを感じたのが、ドライブモードを切り替えるXモードスイッチの位置です。, このXモードとは、悪路を走行中、タイヤの空転を予測して駆動力やブレーキを的確に制御する機能なのですが、先代モデルは、オンとオフを選択するのみでした。, また、先代モデルのXモードスイッチは、シフトレバーの前方に小さく用意されており、操作性があまり良くありませんでした。, しかし、今回新発売された5代目モデルでは、「ディープスノー・マッド」・「スノー・ダートモード」の2種類から選択できるように変更。, また、新型フォレスター(Forester)のXモードスイッチもダイヤル式に変更され、また、スイッチの位置もシフトレバーの後方に変更され、先代モデルよりも操作性が格段に良くなりました。, 使い勝手&操作性が良くなったXモードスイッチも、今回新発売された新型フォレスター(Forester)と先代モデルの大きな違いの一つなのかなと思いました。, 5代目モデルと4代目モデルを見比べてみて、大きく変わったと感じた装備の一つがシートのデザインと座り心地です。, 今回新発売された5代目モデルでは新設計のシートを採用しており、快適性や座り心地を高めているのですが、特に大きな違いを感じたのは、後部座席です。, しかし、今回新発売された5代目モデルの後部座席は、背もたれが立体的なデザインになり、フィット感がアップした感じが…。, また、今回新発売された新型モデルでは、後部座席周りの足元空間(ニークリアランス)も広くなり、窮屈さを感じる事無く、ゆったりと座れるようになっていたのも好印象でした。, 2018年3月にデビューをした新型フォレスター(Forester)と先代モデルの内装・インテリアを見比べてみたところ、このようになっていました。, 今回新発売された5代目モデルの内装のデザインの方向性は、先代モデルと大きく変わっていませんでした。, ただ、インパネやメーター、シートのデザインを見比べてみると、新型モデルの方が洗練されたデザインに…。先代モデルよりも上質感のあるデザインになっており、クルマを運転するのが楽しくなるような内装・インテリアになっているように感じました。, もしこれからこの新型モデルを試乗する際は、満足度が高くなった新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアにも注目をしてみてくださいね。, また、新しくなった5代目新型フォレスターの内装・インテリアには、先代モデルには用意されていなかった様々な便利な機能が用意されています。, >>> 新型フォレスターの内装の実車画像レビュー【使い勝手&注目の機能を徹底チェック】, 新しくなった新型モデルの内装のの注目ポイントや魅力を詳しく確認したい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。, 先日、5代目新型フォレスターのハイブリッド車の見積もりを貰ってきたのですが、思ったよりもガソリン車との差が少ない感じが…。そんな新型フォレスターの乗り出し価格は、どれくらいだったのか?また、ガソリン車との差は、どれくらいだったのか?新型フォレスター ハイブリッド車の見積もりを貰って来たので、公開したいと思います。, 5代目となる新型フォレスターがデビューをしましたが、ちょっと残念だったのが、収納スペースです。この新型モデルも先代と同様に収納スペースが、ちょっと物足りない感じが…。この新型フォレスターの運転席周りには、どのような収納スペースが用意されたいたのでしょうか?実車画像を使って、運転席周りの収納スペースを徹底レビューします。, 新型フォレスター X-BREAKとそれ以外のグレードでは、様々な違いがありますが、メーターもその一つです。この新型X-BREAK(Xブレイク)のメーターは、どんなデザインだったのか?また、それ以外のグレードのメーターは、どんな違いがあったのか?この新型フォレスター X-BREAKのメーターを徹底的にレビューします。, 5代目新型フォレスターには、進化を遂げさらに便利に、そして、使い勝手が良くなった機能や装備が多々ありました。先代モデルよりもさらに便利になった機能&装備は、何なのでしょうか