これらの恩恵を一番受けられるのは楽器を演奏することだけ! 身体面の疲労がとれないときは、脳が疲れているのではないかとまずは疑ってみましょう。 【症状2】物事に飽きやすい 「仕事の途中でなぜか 飽きて しまい、手が止まる」ということはありませんか。「飽きる」という感情も、脳の疲労のサインです。 どれもテレビや新聞などで、よく目にする言葉です。 ・高レベルの実行機能が持てる こんにちは、広報チームの佐藤です。 私は以前からピアノを教えておりまして、昨今ピアノの脳への効果を脳科学の観点から、耳にする事も増えてきた「ピアノの脳への効果」のお話をしたいと思います。 音楽家は記憶の形成、ストック、検索をより早く効果的に行います。ネット検索エンジンのように、記憶に概念的タグ、感情的タグ、音声タグ、文脈上のタグなどの複数のタグを付け、それらを連動させ脳を活用しているのです。 j-popを弾いてみよう!ピアノ弾き語りにおすすめの曲10選【動画・楽譜紹介つき】. 「ピアノが脳にいい」というのは本当! 結論から言うと、ピアノを弾くことが脳の働きを活発にすることは本当です。 ただし、「老化防止」というのは少し言い過ぎかもしれません。 なぜなら、人は誰しも老化を避けて通ることはできないからです。 ピアノを弾くこと自体が、頭を使うことになるわけです。, ピアノが自由自在に弾ける人は、脳が上手に使えているから、あんなにスラスラ指が動くのですね。 フォローよろしくお願いします!, どうも、ピアノ部部長、音大生のこうきです。今回は「ミスタッチをなくしたい」という方向けに、指を伸ばして弾く練習方法を伝授いたします。これは触覚の感覚をフルに使う練習方法で、鍵盤を探りながら弾くのに適しています。また譜読みを早くしたい方にもこの練習はオススメです!, 1.自分版を作るべし、2.間違えないように弾くべし、3.ゆっくり弾くべし、4.譜読みは習慣化すべし。最新の演奏科学を基に構成したこの練習法を実践すれば、多くの作品を効率よく深い理解で演奏することが出来るようになります。譜読みは習慣化によって辛くなくなりますよ!, どうも、音大生のこうきです。今回は前回の「集中」に引き続き「計画」について解説していきます。皆さんは練習計画を立てていますか?立てているけど計画通りに進まない...という人がほとんどだと思います。その人は厳しすぎる計画を立ててしまっている?, どうも、音大生のこうきです。今回はアナリーゼについて解説してみました。日本語で楽曲分析。いや、アナリーゼって言った方がカッコいいって。音楽に必要な要素(旋律線、和声、アーティキュレーション)などを自分で考えるのが楽曲分析です。, どうも、音大生のこうきです。今回は【ピアノ練習のコツ】ピアノを練習するときに気を付けることシリーズ第4弾をお届けいたします。今回は「よく聞くこと」についてです。テクニックが重要ととらえられがちですが、実は聞き方によってテクニックは変化します。. 脳疲労レベル中~高の人は、脳疲労予備軍の可能性があります。8個以上の人は危険信号。日ごろから脳の健康を意識して、脳ケアを取り入れてほしいと矢澤先生は指摘します。 “脳にゴミがたまった状態”が脳疲労 実際のピアノ演奏と筋疲労の関係を調べた研究はありませんので、答えはわかりませんが、少なくとも、「筋肉が疲労すると、脳は別の身体の使い方をする」という現象は、様々な運動で数多く報告されている事実であり、それは、疲労に対する脳の「一時しのぎの策」と考えられています。 ・優れた記憶機能が持てる 本を読むときや、数学の問題を解くなどの作業を行う場合、脳のそれぞれに関係する領域が活性化されますが、音楽を聴くときには脳の複数の領域が使われています。そして楽器を演奏するとき、私たちは脳の全領域、特に視覚、聴覚、運動皮質 ↓ ↓ ↓, 学生時代は恥ずかしくて軽音部に入れず、大人になってから我慢できなくなり、音楽をやり始めました。. うらやましいものです(笑), 一口に「ピアノを弾く」と言っても、ただ指をでたらめに動かしているわけではありません。, ピアノを弾くには、たくさんのことを考えながら指を動かす必要があります。 「ピアノ部」を1人で運営中 まじめな方の方が、実は非効率的な練習をしている可能性があるのです。長時間ぶっ通した練習は500mℓペットボトルに2ℓの水を詰めるのと同じことです。適切な休憩で、記憶の整理をすることが練習においてとても大切です。下手になる練習を排除しましょう! せっかくピアノを始めるなら、楽しくなければ意味がありません。, ヨーグルトが好きで毎日食べていたら、いつのまにか快腸になっていた!という感覚でしょうか(笑), 難しく考えず、「楽しそうだからやってみよう!」という気持ちを大切にしてくださいね。, 「同時にいくつものことを意識しながら指を動かす」というと、とてつもなく難しいことのように思うかもしれませんが、そんなことはありません。, ピアノの楽譜も段階があって、ルールが少ない初心者さん向けのものも たくさんあります。 >> HPはこちら, ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。 音楽を演奏するにはその感情的な内容とメッセージを作り上げ、理解することが必要なため、多くの音楽家は優れた実行機能を持っています。その一連の作業には計画を立てることや、対策の考案・選択、細部に注意を払うことなどが含まれ、また認知面と感情面を同時に分析する力が求められます。この能力は記憶システムの働きにも影響を与えます。 Copyright © proscareer Co., Ltd. All Rights Reserved. 身体面の疲労がとれないときは、脳が疲れているのではないかとまずは疑ってみましょう。 【症状2】物事に飽きやすい 「仕事の途中でなぜか 飽きて しまい、手が止まる」ということはありませんか。「飽きる」という感情も、脳の疲労のサインです。 つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです」 では、ピアノをいつ習わせれば効果的なのでしょうか? 「hqを高めるためには、5歳~8歳ころがより効果的です。 >> HPはこちら, 就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。 その証拠に、ピアノの楽譜には色々なルールが記号化されています。, これらをすべて同時に意識しながら、10本の指をバラバラに動かしてピアノを弾くのです。, 私は初めて練習する曲を弾くと、1時間くらいで知恵熱が出そうになります(笑) ミュージシャンが演奏中、複雑に入り組んだ様々な情報を驚くほど素早く同時に処理していることを神経科学者たちは確認できました。楽器を演奏することは脳にとっての全身運動に匹敵するのです。 >> HPはこちら. を使用しているのです。またこの能力を他の活動にも適用しているのです。 ピアノ教室は子供の育脳に、大人の脳トレに最適な場所なのです。 簡単に言うと、楽器を演奏しているとき脳内では火花が散らばっているような凄いことが起こっています。ピアノを弾くとどのような効果があるのでしょうか? ピアノを練習すると脳が疲労する。中年のヘタレ初級者です。ピアノを1~2時間程度練習すると、手より先に頭が疲れます。 (慣れない外国語で長時間会話した後や、難解な資料を読み込んだ後のような感覚) … 脳疲労のサイン. スマホの見すぎによる「脳疲労」の人が増えているそうです。どうやら、スマホが原因で脳が興奮状態になり、疲れが発生している模様。そこで、疲労研究の第一人者と言われている、東京疲労・睡眠クリニックの梶本修身院長に、脳疲労の実態や改善方法などを伺いました。 片道2時間かけて音大へ通う男子 どうも、 ピアノ部部長、 音大生のこうきです。今回は「休憩の取り方」についてご説明していこうと思います。, みなさんはどれくらいのスパンで休憩を取っていますか?3時間に1回、1時間に1回、いや俺は10時間弾けるぜ!って方もいるかと思いますが、実はサボればサボるほど練習効率は上がるのです。, その「サボり方」をまとめてみました。休憩の取り方で弾けないところもすぐに弾けるようになりますよ。, 私たちがピアノを弾くときは、脳の運動野が働きます。また聴覚や楽譜を見たときの視覚を司る部分も、活発に活動します。, そんな活発に活動してくれる脳ですが、実はその動作を行なっているときは動作をすることに一生懸命になり、記憶を司る部分は働いてくれないのです。, それもそのはず、楽器の演奏は脳にとってとても負担のかかることで、演奏を司る部分に全神経を集中させないと上手く指や腕を動かすことが出来ないのです。, そこで、休憩を入れると演奏を司る脳の部分が休憩でき、練習の経験を、記憶を司る部分に移行します。, もし連続で練習してしまうと、いつまで経っても演奏を司る脳の部分が休まりません。しかも記憶はデータ移行されないので、全く上手にならないどころか記憶が混乱し、下手になります。, こうきは明日の英語のテストを一夜漬けでこなそうと思っています。3時間は寝るとして残り6時間、教科書は36ページ分だから、大体10分で1ページ覚えればテストは乗り越えられるはず!6時間必死に詰め込んだ成果は見事赤点、留年危機に陥ってしまいました。, そんな冗談はさておいて、なぜこうき(中の人)は6時間も勉強したのに赤点を取ってしまったのでしょうか?それは、6時間で大量の情報を覚えようとしたことが原因です。, 人間は、1度に覚えられる記憶の量が決まっていて、私たちが思っているより遥かに少ないのです。英語の単語であればスペルと意味を覚えるだけで済みますが、ピアノはそうはいきません。ほとんど1音単位でタッチがあり、強弱があり、それが1小節に20個くらい含まれるのです。ピアノ演奏の情報量はとてつもないものなのです。, それなのにピアノの練習を1時間でも続けたらどうでしょうか、記憶は残らずに頭で錯乱し、成功も失敗もごちゃまぜとなり、練習の効率は落ちるのです。ロシアの名ピアニスト、ミハイル・プレトニョフだって45分以上は連続して練習しないそうですよ。, 休憩を入れないで練習することは、500mℓしか入らない計量カップに2ℓの水を流し込むのと同じです。500mℓの計量カップが4つあれば、2ℓの水は上手く収まるのに。, みなさんは、何かやめられないことはありますか?スマホ、お菓子、コンビニ、ゲーム、様々ありますが、これは脳にドーパミンという興奮物質が放出されるからやめられないのです(依存症の原因でもある?), これは楽器の練習でも同じで、練習中はドーパミンが放出され、止めることが出来なくなります。1度弾きだしたら2〜3時間経ってしまうという方、いませんか?, 先ほどいったように2〜3時間ぶっ通しでの練習には全く意味がありません。記憶が錯乱し、下手になります。なので、あえてこまめに休憩を取ることで、ぶっ通しの練習を避けることが出来ます。, 楽器を演奏して疲れないことはありえません。疲れないのであれば、それは先ほどのドーパミンが疲労を感じにくくさせているか、必要な筋肉に力が入っていない証拠です。, 2〜3時間ぶっ通して弾けば、それなりに指も腕も疲れるはずです。しかしドーパミンの影響で疲労を感じにくい状態にあるときは、疲労に気がつきません。, 疲労は筋肉の動きを悪くし、当然、練習効率も悪くします。適度な休憩は、体を守るためにも役立ちます。, 休憩と言っても何分弾いて何分休憩したらよいのか分かりにくいと思います。ここでは超個人的に実践している方法を列挙しますので、各々参考にし、自分が1番使いやすいと思う方法で実践してくださいね。, 私はある箇所を5回弾いたら時計を眺めて10秒数えます。5回にこだわる理由は、反復練習を5回以上続けると成功率が下がるからです。とりわけ私の集中力は幼稚園生並みなので、5回弾くと集中力が途切れてしまいます。, もちろん10回や20回でも良いのですが、ある点から脳に記憶が残らなくなり、データが錯乱してしまいます。1度に多数回反復するのはできるだけ避けましょう。かくいう私も1000回反復練習などやりましたが、全く効果はなかったですね…, これは有名なポモドーロテクニックの1つですね。(25分練習+5分休憩)×3というセットで行っていきます。主に筋肉の疲労を抑える目的で使えるように思います。どこかが痛くなったり違和感が生まれたりするのは、弾きすぎか弾き方の問題です。, 練習中、なぜかミスタッチが多くなり、イライラすることはありませんか?イライラするからもっと練習しようとして、ミスタッチはどんどん増え、イライラして、どんどん下手になっていくのです。, 間違え出したら集中力が切れたサインです。その状態での練習は「下手になる練習」で、ダイエット中なのにケーキをホール食いして「よし!今日もたくさん栄養を取ったからOK!」と言っているようなものです。絶対休憩してくださいね!, 休憩中にやることはただ1つ、徹底的に休憩することです。携帯やスマホもいじくらず、勉強もしなくていいです。楽譜も閉じてピアノの部屋から出てただボーっとしましょう。, 「休憩」とは「脳に何も情報を入れない」ことを意味します。携帯を見ると様々な情報で頭が覚醒してしまうので、スマホは見ずに、ただボーっとしましょう。ただボーっとして、脳が記憶を整理してくれるのを待ちましょう。, ピアノの練習をまじめにやることは大切です。誠実さこそ成功をつかみ取ります。しかし「練習をまじめにサボる」ことによって、さらなる練習効果を期待することが出来るのです。それも「サボって」。, いいえ、サボるのではありません。脳に記憶の整理をさせるのです。人間の脳は勝手に記憶の整理をしてくれるので、私たちはただボーっと休憩することに徹しましょうね。くれぐれも、スマホや本で脳を邪魔しないように!, 音大生のこうき 老化を防止することはできなくても、老化を遅らせることは可能なので、正確には、, それではなぜ、ピアノは脳にいいと言われているのでしょうか。 © 2020 大人のピアノ初心者が上達する練習方法を解説するブログ All rights reserved. 私たちがピアノを弾くときは、脳の運動野が働きます。また聴覚や楽譜を見たときの視覚を司る部分も、活発に活動します。 そんな活発に活動してくれる脳ですが、実はその動作を行なっているときは動作をすることに一生懸命になり、記憶を司る部分は働いてくれないのです。 それもそのは� 果たして本当なのか、また、なぜそのように言われているのか、お話ししていきます。, ただし、「老化防止」というのは少し言い過ぎかもしれません。 脳をリセットできる人=仕事の成果を出せる人。脳の疲れが本当に無くなる方法、教えます, 勉強力を下げる “最悪な口癖” 4選。「つまらない…」「苦手…」と言いがちな人は要注意, 医師推奨「自己モニタリングノート」のすごい効果。“メタ認知” でスッと冷静になれる, “医学博士×ハーバード留学×MBA取得” を実現。勉強の達人が教える「集中力持続法」, 医師をしながらハーバード大&ボストン大で学んだ眼科医が語る「勉強で最も大切なこと」, 1日1時間の時短学習でTOEIC295点アップ。パーソナルトレーナーとの90日の軌跡, 20年ぶりの英語学習。大成功の秘訣は、課題への科学的アプローチ。TOEIC®も200点以上UPの810点獲得。, 「英語を読むスピードを上げるためにプロトレーナーが取った戦略は「音読」だった。科学的理論に基づくパーソナルトレーニング体験談。, 受験勉強のアセットを活かして「練習」にフォーカス。90日間でTOEIC® 910点を獲得!, 【STRAIL】英語学習の専門コンサルによる課題解決で、最短ルートの英語力アップ。TOEIC®も940点に。. これが、脳疲労と言われるものです。 つまり、脳疲労はdmnの回転数が大きいと起こります。 脳疲労=dmnが高回転で回っている. 簡単に言うと、楽器を演奏しているとき脳内では火花が散らばっているような凄いことが起こっています。ピアノを弾くとどのような効果があるのでしょうか?神経科学と音楽教育の関係について研究をしているアニタ・コリンズ博士が制作したTED-Edの内容を覗いてみましょう。, ・脳の全領域を使用する スポーツでも絵画のような他のアートでもなく、楽器を演奏するとこれまで述べた恩恵が一番受けられることがわかっています。これについて神経科学者たちはまだまだ研究中ですが、楽器を演奏することは他の芸術活動など研究対象となったどの活動とも違うことが分かっています。 ・脳梁が鍛えられる 神経科学者たちは認知機能と神経処理機能が同程度のレベルだった研究協力者をランダムに割り当て検証したところ、一定期間音楽を学んだ人はそうでない人に比べて脳の様々な領域が強化されていることが分かりました。, 以上、楽器を演奏すると私たちの脳はこんなにも活性化されるのです。音楽を楽しむだけでなく、育脳や脳トレにもなるピアノ。ぜひ東京都港区にある当ピアノ教室のピアノレッスンを通して脳フィットネスを始めてみませんか。, 以上、楽器を演奏すると私たちの脳はこんなにも活性化されるのです。音楽を楽しむだけでなく、育脳や脳トレにもなるピアノ。ぜひ東京都港区にある当, ピアノ教室に通うメリットはピアノが弾けるようになる、楽譜が読めるようになる、といったことだけではありません。ピアノレッスンを受けることは脳にとても良いのです。ピアノ教室は子供の育脳に、大人の脳トレに最適な場所なのです。. まずは音符の読みかたから、1つづつ覚えていけば大丈夫です。, 慣れてきて、だんだん自分が思った通りに指が動いてくるようになると、とっても気持ちが良いですよ!, 次の記事では、大人になってからピアノを再開した、私の体験をお話ししています。 なぜなら、人は誰しも老化を避けて通ることはできないからです。 私は以前からピアノを教えておりまして、昨今ピアノの脳への効果を脳科学の観点から、耳にする事も増えてきた「ピアノの脳への効果」のお話をしたいと思います。, 私は幼い頃からピアノを習っていたので、当たり前になっているピアノですが、1度に沢山の事を同時に考えて演奏する事は、頭をフル活用しているようです。, ピアノを習っていると頭が良くなるのでしょうか!?これからピアノをお子さんに習わせたいと思われていらっしゃるご家庭では、かなり気になる事だと思います。, 以前テレビでも大変話題になった、脳科学者の澤口俊之先生が発言された「習い事はピアノだけで良い」, 沢山ある習い事の中で一番ピアノが優れていると仰るのですから、これは大変驚くべき事です。これをきっかけに「ピアノを是非習わせたい!!」と思われたママさんは沢山いらっしゃったのではないでしょうか??, ピアノを習うとピアノを弾く技術を習得する事ができますが、それ以外にHQ(人間性知能)がダントツに身につくそうなのです。IQ(一般的知能)は良く耳にしますが、HQはあまり聞いた事がないのではないでしょうか?, HQとは、簡単に言えば、“人間らしい人生を送るための脳力”のことで、夢や目的に向かって適切に行動する能力“未来志向的行動力”と、理性・思いやり・協調性を身に付けてうまく生きる能力“社会関係力”なのだそうです。, つまり、HQの向上は、夢の実現や社会的成功、良好な恋愛や結婚生活、さらには運動能力や器用さ、言語能力、IQの向上にまでも繋がるのだとか!!ピアノを習うだけでこんなに良いことがあるとはまさに驚きですね。, さらにHQの向上だけにとどまらず、ピアノは脳の構造まで劇的に変えてしまうという効果も証明されているそうです。, *以下澤口先生のお話を抜粋させて頂いております*「ピアノのレッスンを続けることによって、脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、HQの長期的な発達につながります。また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、左右の脳のバランスがよくなるんです。まだまだあります。小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、学力向上につながります。つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、スポーツや学力まで効果を及ぼすんです」では、ピアノをいつ習わせれば効果的なのでしょうか?「HQを高めるためには、5歳~8歳ころがより効果的です。週に1回40分のレッスンでいいんです。ピアノに関しては、4ヶ月くらいで効果があらわれ、脳構造を変えるまでには2年くらい必要です。あとは、“やればやるほど”という継続期間との相関になります。ちなみに、大人になっても、子どものころほどではありませんが大人なりの効果はのぞめますよ!」, 勿論その為には日々の練習が欠かせません。ピアノを習っているだけでは、効果は全く実感していただけないと思います。, ですが、せっかく長い期間習われるのでしたら、こういった効果が得られるのはとっても嬉しいことかと思います。個人的には1番は「ピアノが好き」という気持ちが大切だと思っています。是非楽しみながらピアノとお付き合いして下さいね♪, さらにHQの向上だけにとどまらず、ピアノは脳の構造まで劇的に変えてしまうという効果も証明されているそう。」, そこで1番知りたいのは、ピアノのほかにもHQを高める習い事はあるのかということ。「ピアノほどの効果がみられるものはありませんが、現時点で効果が証明されているのは“そろばん”です。, それから、最近ではサッカーにも効果があるという研究結果が出てきています。今、私が脳にいい効果をもたらす習い事としてすすめるとしたら、ピアノ、そろばん、サッカーの3つですね。, ただ、あくまでも現時点なので、研究が進むにつれてもっと効果的なものが出てくる可能性はあります」では、習い事をするとき嫌々やった場合は、脳への効果はあるのか気になるところ…。「これは、やはり楽しんでやるほうがより効果的ですね(笑)。つまり、ドーパミンが出た状態でないと基本的には効果は望めないのですが、子どもはもともとドーパミンの数値が高いので、訓練と思って取り組んだり、嫌々でも取り組んだほうがよりいいと思います」今もなお、ピアノが習い事の王道に君臨することには、やはりそれだけの理由がちゃんとあったと言えるのかもしれませんね。, ただ、毎日練習するのは、根気と根性が要りますよね…。小さい子だと、集中力が短いので、保護者が見る必要があります。余程大好きで、練習も進んでやる子も中にはいますが、そういう子は、どんどん出来てしまうから楽しくて、練習をどんどんするんですね。, ただ、ピアノの効果はというと…確かに、私は無駄なく一気に色んな事を一緒にこなしたり、優先順位をつけて物事を行う事が、割と得意な方だと思っています。ずっとピアノを続けてきたせいかでしょうか。, 何はともあれ、楽器が弾ける事は楽しいし、脳にも良いとの事でしたら、皆様も初めてみてはいかがでしょうか。, ********************************************, プロスキャリアでは工場内での製造のお仕事からピッキング・軽作業など多数ご用意しております。高収入のお仕事が多く、正社員登用実績も多数あります。神奈川・東京で仕事をお探しの方はぜひお問い合わせください! お仕事検索「ジョブ&キャリア」, 〒242-0017 神奈川県大和市大和東3-3-15 TEL:046-240-6541 / FAX:046-200-1094. よければこちらも読んでみてください! はじめは大変ですが、頑張って練習したあとは、心地よい疲労感に包まれます。, ここまで、「ピアノが脳の活性化に役立つ」というお話をしてきましたが、1つ注意していただきたいことがあります。, 老化を遅らせることが目的になってしまうと、あなたにとってピアノは「趣味」ではなく「義務」になってしまいます。, 身体にいいからマズイ青汁を我慢して飲むのと一緒です。 ピアノ教室に通うメリットはピアノが弾けるようになる、楽譜が読めるようになる、といったことだけではありません。ピアノレッスンを受けることは脳にとても良いのです。ピアノ教室は子供の育脳に、大人の脳トレに最適な場所なのです。 脳疲労の回復に5種類の効果のある方法があります。 コーヒーなどの擬似回復は脳疲労の回復に即効性があるものの、 そのメリット・デメリットを理解して利用することが望ましくなっています。 音楽を聴くことと楽器を演奏することとの一番の違い、それは脳梁が鍛えられることです。楽器を演奏すると右脳と左脳の結びつきが強化され、より早く様々なルートで脳内の情報伝達が促されるとこが分かりました。これによって音楽家はアカデミックな環境やソーシャルな場面でも問題をより効果的にクリエイティブに解決することができるのかもしれません。 つまり、ピアノを弾くことは、脳をまんべんなく刺激して「私たちの能力を大きく向上させてくれる」、つまり「地頭を良くする」ということなんです。 もちろんこれらの効果は子ども、特に8歳ごろまでに大きく見られます。 ピアノを練習していると、手や腕が「だるい、疲れた」と感じることがあります。特に、力んだまま弾いていると、筋肉はすぐに疲労してしまいます。このように、私たちがピアノを弾く中で日常的に使う「疲労」という言葉ですが、筋肉が疲労したとき、脳や身体の中でどんなことが起こっているのでしょうか?, 筋肉の疲労(筋疲労)には、様々な定義がありますが、その中でも最も直感的に理解しやすいものは、「筋肉が発揮できる最大の力が低下すること」でしょう。練習するにつれ、演奏できる最速のテンポや最大の音量が低下することがありますが、これが筋疲労です。, 筋疲労が起こる原因は、大別すると二つあります。一つ目は、筋肉を収縮させるエネルギー源である酸素および糖が十分に筋肉に供給されないため、筋力が発揮できなくなるというものです。しかし、いつ疲労が起こるかは、筋肉の種類によって異なります。筋肉には、「疲労しやすいけれど、大きな力を出せる筋肉(速筋)」と、「疲労しにくいけれど、大きな力は出せない筋肉(遅筋)」があります(1)。疲労に伴い、速筋が先に力を発揮できなくなっていき、その後、遅筋も力を発揮できなくなります。自分の限界以上の速さで難しい曲を弾いていると、数秒から数十秒ほどでテンポが落ちていきますが、これは速筋の疲労によるものと言えるでしょう。, 筋疲労の原因の二つ目は、脳にあります。筋肉に指令を送る脳の細胞も、糖をエネルギー源として働いているので、疲労します。具体的には、一秒間に筋肉に送る指令のペース(頻度)が低下し、その結果、発揮できる筋力は低下します(2)。なお、脳の疲労は、筋肉との関係のみに限らず起こることで、思考能力の低下や認知・感覚機能の低下などとも関係しています。, ちなみに、筋疲労は筋肉に乳酸が蓄積することによって起こると一昔前まで信じられていました。確かに、疲労に伴い、乳酸の生成は増えるのですが、現在では、それが本当に筋疲労を促進するものなのか、明確な答えは出ておらず、懐疑的な見方も強まっています。, さて、筋肉が疲労すると、ピアノを弾く上で何が問題になるのでしょうか?一つ目は、発揮できる力の正確性が落ちます(3)。ですから、音の粒がばらついたり、ミスタッチが増えたりして、音楽の芸術性が損なわれてしまいます。, 二つ目は、普段使っていない筋肉を使って、演奏することになります。どういうことかといいますと、ある筋肉が疲労すると、その他の筋肉がそれを補おうとして働くことが知られています(4)。そのまま練習を続けると、その「普段使わない筋肉」を使って弾き続けることになります。そうした普段とは違う筋肉の使い方で、仮にあるパッセージが弾けるようになったとして、果たして本当に弾けるようになったと言えるのでしょうか?, 実際のピアノ演奏と筋疲労の関係を調べた研究はありませんので、答えはわかりませんが、少なくとも、「筋肉が疲労すると、脳は別の身体の使い方をする」という現象は、様々な運動で数多く報告されている事実であり、それは、疲労に対する脳の「一時しのぎの策」と考えられています。そんな身体の使い方を頑張って身につける利点は、どこにも見当たりません。にもかかわらず、筋肉が疲労したまま、我慢をして練習し続けるということは、普段使わない身体の使い方を習得しようとしていることに他なりません。大袈裟に言うと、「変な弾き方の癖がつく」可能性さえあるのです。, 筋疲労の問題点の三つ目は、手や腕を傷めてしまうリスクが高まるということです。筋肉が疲労すると、運動の正確さが落ちるとお話しました。しかし、それでも正確に演奏し続けようとすると、脳は筋肉を同時収縮させる必要があります(前章参照)。疲れた状態で弾いている時に筋肉が硬くなっているのはこのせいです。同時収縮によって筋肉が硬くなると、筋肉に供給される血流が阻害されるので、筋肉はエネルギー不足になっていきます。そうして、疲労はさらに促進されていきます。, 筋肉が疲労するということは、言い換えると休息が必要であるということです。しかし、その警告を無視して弾き続けると、どうなるのでしょうか?実は、筋疲労に伴い、筋肉の中にある感覚器(センサー)の感度が鈍っていくため、私たちは筋肉にどれだけ力が入っているか気づきにくくなっていきます(5)。つまり、筋肉からの警告がどんどん聞こえなくなっていくのです。結果、知らぬ間に筋肉やその周りの腱が炎症を起こしたり、その筋に指令を送る脳に障害が発症するリスクが高まります。, 筋肉が疲れた状態で練習を続けることは、美徳でも何でもなく、百害あって一利なしです。「疲れたから休む」というのは、決して練習をサボることではなく、自分を守り、効果的に上達するために必要なプロセスです。音だけでなく、自分の身体の声もよく聴いて、練習に取り組んでいただきたいと思います。, Copyright 1996-2020 PianoTeachers' National Association of Japan, Copyright 1996-ShowNowYear(); PianoTeachers' National Association of Japan.