ハーレーは車体代金が高いので、購入してから後悔したり、車検代や修理費など突然の出費でお金に困らないために、購入前にある程度の維持費を考慮して、計画的に買うのがおすすめです。特にハーレーをローンで購入する予定の方は、毎月のローンの支払い額を少し低く設定して余裕を持たせること、ローンとは別にかかる年間維持費の支払いに回すことができるので、購入後に後悔したり焦る必要がなくて安心です。, ハーレーを購入したら維持にかかるおおよその費用一覧になります。維持費用を正確に算出するのはとても難しく、その理由はハーレーが新車なのか中古なのかで、メンテナンスや消耗品交換にかかる費用が大きく変わってきます。また、車検は新車の場合は、購入してから3年後になるため、最初の3年は車検代がかからないです。任意保険も加入しているプランによって保険料金が大きく異なります。ですので、あくまでも参考の費用一覧になります。, ハーレーは大型バイクのため2年に一度車検をする必要があります。(新車の場合は初回のみ3年後)車検は自分で行うユーザー車検なら約2~3万円くらいですみますが、ディーラーにお願いするなら5~15万円前後かかります。料金に幅があるのは消耗品の交換が多いと費用が高くなるからです。→ハーレーの車検!大型バイクの車検費用・必要書類はこちら, 重量税は、排気量125ccを越えるバイクは支払い必要がある税金になります。基本的には車検と同時に更新するので、2年ごとになります。(新車の場合のみ初回は3年分)重量税の税金は、登録年数によって変わります。登録してから12年までは年間1,900円、登録してから13~17年は年間2,200円、登録してから18年以上は年間2,500円になります。 車検の時に支払うので、登録してから12年以内のハーレーであれば、 「1,900円×2年分=3,800円」になります。→ ハーレーの自動車税と重量税はこちら, 自賠責保険は、法律で加入が義務付けられている保険 なのでバイクや車を所有していると必ず支払う必要がある保険になります。 ハーレーは排気量125ccの小型2輪自動車になるため、 1年で8,290円、2年で11,520円、3年で14,690円になります。車検と一緒に支払うので、「2年で11,520円」になります。 →バイク自賠責保険の基礎知識はこちら, バイクを所有していると支払わなければならない税金になります。市役所から納税通知書が届いたら、1年に1回支払います。ハーレーは排気量125ccの小型2輪自動車なので、 「年間6,000円」になります。→ハーレーの自動車税と重量税はこちら, まずはじめに、任意保険は必ず加入するのがおすすめです。本来は任意の保険なので加入するしないは自由ですが、万が一交通事故を起こしてしまった場合に相手の車の修理代だったり、後部座席に乗せていた相手への補償だったり、単独事故で怪我をしてしまった場合の自分への補償などできるものです。加入しているプランによって補償されるない内容や料金は大きく異なってきます。また、補償内容が手厚いプランに加入したら保険料も高額になります。ハーレー乗っているとよく耳にする、車両保険や盗難保険もこの任意保険に含まれます。年間2万円くらいの安いプランに加入している人もいれば、補償内容が手厚いプランや車両保険や盗難保険もつけて年間8~10万円くらい支払っている人もいます。→バイク任意保険の基礎知識→バイク保険を安くするなら一括見積もり, オイル交換・タイヤ交換・消耗品交換には、年間で換算すると約20,000円~80,000円前後くらいかかります。ただ、自分で交換できると安くすることができます。ディーラーやバイクショップにお願いすると、工賃がかかるので少し高くなります。オイル交換は車種によって異なるのですが、下記の4つの交換が必要になります。 ・エンジンオイル交換(3ヶ月以内or5,000km走ったら交換)・プライマリーオイル交換(半年に1回)・トランスミッションオイル交換(半年に1回)・オイルフィルター交換(1年以内or6000km走ったら交換)消耗パーツは、ブレーキパッドだったり、タイヤ交換です。タイヤ交換は、1本約2万円~が多いみたいです。タイヤは、スリップサイン(残溝1.6mm)になったらか、8,000~10,000kmで交換が推奨されています。 スリップサインがなかったり走行距離が少なくても、ゴムでできているので 経年劣化があるため3~4年で交換するのが良いみたいです。→ ハーレーのオイル交換&フィルター交換はこちら, ハーレーは盗難されやすいので、きちんとした駐車場や車庫やガレージに保管するのがおすすめです。自宅の庭にスペースがある場合は、バイクカバーをしたり、簡易ガレージを置くことで盗難防止と雨や埃を防ぐことができます。自宅に駐車できるスペースがない場合は、月極の駐車場やガレージを借りるのがおすすめです。月額駐車場は、安いもので月額5,000円くらいからあります。屋内でセキュリティつきの完全個室だと月額2万円くらいになります。→全国のバイク駐車場→おすすめのガレージ・車庫, ハーレーのガソリンはハイオクを使用するので、ちょっとお高めです。はじめてハーレーに乗ったときに、ガソリンがハイオクだと知って、さすがバイク王様だなっと思いました。, ハーレーは車体が100~400万円くらいするので、バイクローンを組んでいる人も多いです。 バイクローンを利用している場合は、毎月のローン返済代に維持費がプラスされるので、購入前からお金のシミュレーションしておくと安心です。バイクローンはハーレーの購入店で取り扱っている場合が多いですが、ハーレーダビッドソンジャパンの公式サイトで、ローンシミュレーターが用意されています。, 正規ディーラーでローンを利用してハーレーを購入予定の方は、下記ページのローンシミュレーター で支払いイメージをチェックするのがおすすめです。→ローンシミュレーターはこちら, ハーレーを購入してからノーマルのままで乗る方は少ないのはないでしょうか?やっぱり乗っていると自分好みにカスタムしたくなりますし、カッコイイハーレーを見ると自分のも変えたくなりますよね。アメリカンバイクは輸入費用がかかるためパーツ代もちょっと高いです。また、自分でカスタムできない場合は、ディーラーかバイクショップにお願いするので作業工賃がかかります。パーツは、アメリカに海外旅行に行く機会があったら、現地で購入するとかなり安いです。ハワイでもグアムでも、ハーレーの店舗にいったら日本より全然安かったです!→ハーレーのグリップ交換!スポーツスター編→ハーレーのグリップ交換!ロードキング編→ハーレーのグリップ交換!ダイナローライダー編→ハーレーのマフラー交換!スポーツスター編→ハーレーのマフラー交換!ロードグライド編→ハーレーのフルエキゾーストマフラー交換!ダイナ編→タイマーカバー交換!ハーレーカスタムの第一歩→ダービーカバー交換!カスタム初心者におすすめ→セルフロック・フューエルキャップの交換!→ミラー交換!ハーレーを自分でカスタム→ミラー交換!アンダー取り付け(ミラー逆取り付け)編→メダリオンならガスキャップに貼るだけ!→超快適!ハーレーにスロットルロッカー装着, 手放すならなるべく高く買い取ってくれて尚且つ楽チンなのがいいですよね。そこで、買取出張サービス会社と一括見積サービス会社を行なっている会社さんをご紹介します。. エンジン始動が弱々しいため、バッテリーの状態を診断してもらった。 充電前:12.5V 170CCA 6ヶ月点検(2015年8月26日 3,439Km)の概算費用:12,960円 12ヶ月点検の概算費用:16,200円〜, 登録から18ヶ月〜20ヶ月を目安に受ける。点検以外の消耗品(オイル等)の交換は有料。 車検期間は1週間程、バイクを預けることになる。. ハーレー(Forty-Eight)を所有すると維持費がかかると言われていたが、一体どれくらい必要なものなのか?メーカーは初回点検以降6ヶ月毎の点検を推奨している。車検までの36ヶ月、点検と車検にかかる費用についてとその内容についてまとめてみました。 年間=11万3,930円、月にすると約9,500円になります。 ハーレーに乗る気持ち良さ … All Rights Reserved. 24ヶ月点検の概算費用:16,200円〜, 登録から30ヶ月〜32ヶ月が目安。点検以外の消耗品(オイル等)の交換は有料。 定期点検を受けていないがために不具合の発見が遅れたり、メーカー保証が受けられなくなることもあるようだ。, 大切なハーレーのためにも、定期点検を受けるようメーカーは推奨している。定期点検のスパンは初回点検以降6ヶ月毎となっている。, 初回の車検費用を含めた3年間の最低維持費は、大きな故障がなければ18万円前後とみているが、どうだろうか?, 僕のFORTY-EIGHT(登録日2015年3月13日)の初回点検の支払い金額は11,826円。, 内訳は通常33,426円から初回点検サービス分の工賃21,600円が値引き。点検は約80項目実施。以下、初回点検の大まかな項目。, 初回点検以降の点検については、現段階では受けていないため詳細は分からないが、おおよそ次の内容で行われる。, 登録から6ヶ月〜8ヶ月を目安に受ける。点検以外の消耗品(オイル等)の交換は有料。 30ヶ月点検の概算費用:12,960円〜, 登録から3年後が最初の車検。1ヶ月前から受け付けている。この時も、メーカー保証期間として下記のオイルが無償で交換できる。, ※ オイルを交換する際に必要となるO-リングは有料 「車両価格が高いのに、そのうえ壊れたり燃費が悪かったり…維持費があまりにもかかるのでは経済的にもキツイ」, そんな心配をしている人も多いのではないでしょうか。例えばビッグツインは車重も重そうだし、軽くて軽快に走れ、リーズナブルなスポーツスターを購入したらどのくらいの維持費がかかるのでしょうか。, そこで今回は、これからスポーツスターの購入を検討している方に向けて、スポーツスターの維持費についてご紹介いたします。, まずは毎年かかる自動車税の話から。大型バイクは昨年より値上がりして、年間6,000円です。, その他に2年に一度車検があります。車検には自賠責保険24カ月で1万4,000円ほど、重量税4,400円、印紙代1,700円が必ず必要です。, ユーザー車検の場合なら、代書を依頼したり予備車検で光軸を合わせてもらったりしても3万円ほどで出来ますが、バイクショップに頼めば車検代行代、車両整備費などが加わり6万円以上は掛かります。バイクショップで整備も含めた方が安心できますので2年に一度6万円で、年に直せば3万円と税金で3万6,000円は必ず掛かります。, スポーツスターに関わらず、バイクの維持費に大きく関わるのはやはり走行距離です。毎日の通勤で使うのか、休日だけ乗るのかではかなりの差が出てきます。, 休日に片道200キロのツーリングが主な使い道として、走行距離は400キロ。それ以外にチョイ乗りで100キロ走行すると、毎月500キロ走ると仮定します。燃費が23キロだとしてガソリンが約22リットル。ハイオク140円だとして3,080円、年間で3万6,960円になります。, また、3,000キロで一度のオイルを交換するとオイル代が4,685円として、半年に一度のオイル交換で年に2回=9,370円がかかります。その他にも年に一度ミッションオイル、オイルフィルターを換え、消耗パーツ代金と合わせて、年間1万5,000円と考えます。, タイヤはリヤが2年に一度交換したとしても、1本2万円として年間1万円。フロントも1本2万円として3年に一度履きかえると年間約6,600円となります。, ハーレーは壊れるという心配は、5速のスポーツスターならほぼ心配ありません。もちろん中古車なら何が起こるかはわかりませんが、しっかりとしたショップで購入すれば大丈夫と言いきれるくらいにスポーツスター(現行ハーレー全般)はそう簡単には壊れません。もちろんチェーンやベルト、スプロケットや電気系統のパーツなどの消耗品は交換しなければならない時期がありますが、それはどのメーカーのバイクでも変わりません。, スポーツスターであっても、ハーレーでしか味わえない独特のトルク感(鼓動)は、充分に感じさせてくれます。その気持ち良さを感じるために、毎月9,500円程が掛かる。果たしてそれが高いのか安いのか、きっと乗ってみれば分かります!. 充電後:12.7V 210CCA, 6ヶ月点検で持ち込んだ直後の電圧は12.5V、充電率は66%前後といったところだろうか? で、気になったのが「CCA」という単位。, 調べてみると、「コールド・クランキング・アンペアー」といって、エンジン始動性能を表す値ということが分かった。-18℃±1℃の条件下で放電し、30秒後の電圧が7.2Vとなる放電電流(アンペアー)のことらしい。, 「エンジンの始動性能は電圧よりもCCA値で判断する方が信頼できる」とハーレーのメカニックの方も言っていた。, この動画を見て欲しい。これはバッテリーが上がったのではなく、CCA値が低下してエンジン始動できない状態ではないだろうか?, バッテリーが上がっていたら、バッテリーの警告灯が赤色点灯するだろうし、完全に上がっているのであればセルを回すどころか、何も表示されないと思う。, 登録から1年後に受ける点検。メーカー保証期間として下記のオイルが無償で交換できる。, ※ オイルを交換する際に必要となるO-リングは有料 © Copyright 2019 ハーレーダビッドソンファンサイト LOVE HARLEY. オイル交換 2.6リットル(2015年10月28日 4,557Km):8,608円 ハーレーにかかる維持費用一覧. ハーレーを購入したら維持にかかるおおよその費用一覧になります。 維持費用を正確に算出するのはとても難しく、その理由はハーレーが新車なのか中古なのかで、メンテナンスや消耗品交換にかかる費用が大きく変わってきます。 もしこの記事を読んでいる方で、すでにハーレーを購入してローンの支払いが大変で後悔している方がいたら、安心してください。. 三重県四日市市本町5-11. ハーレーの車種別メンテナンスメニューです。スポーツスター、ソフテイル、ツーリング別の基本的なメニューとなりますので、下記以外のご要望などお気軽にお問い合わせください。 18ヶ月点検の概算費用:12,960円〜, 登録から2年後に受ける点検。12ヶ月(1年)点検と同じように、下記のオイルが無償で交換できる。, ※ オイルを交換する際に必要となるO-リングは有料 ハーレーダビッドソンのバイクを買おう!スポーツスターに以前乗っていたのですが、バイクを買取に出してから数年たち、再びハーレーに乗りたくなったのでハーレーダビッドソンのバイク専門店などを調べながらハーレー購入計画を立てていきます。 Copyright © 2020 既視感ある日々 – DejavuZ.COM. 三重のハーレー専門店。バイクのメンテナンスやカスタム、ハーレー修理にお困りでしたら「moto service kato」にお任せ下さい! ・法定費用:3万6,000円 ・ガソリン代:3万6,960円 ・オイル:9,370円 ・消耗パーツ:1万5,000円 ・タイヤ:1万6,600円.